メクる

累計 14207858 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

トップページ・検索 L

新規会員登録

パスワードを忘れた

携帯・スマートフォン対応!

http://mecuru.jp/

出版社様専用
お問い合わせ窓口

エラーが発生しました


エラーが発生しました。

正規の手順でこの画面が何度も表示される場合は、
不具合報告よりご報告お願いします。

不具合報告を行う

トップページ・検索 R

メクる公式作家チャレンジ!

ハッシュライン

  • ワタリドリ 1分前
    ②邦久
    「おまえも一緒やがん、生きとる価値ないのは。一日中、部屋の掃除もやらんとテレビ見とるか、花に水やってぼーっとしとるかで。めし食って、日が暮れて、寝るだけで。ったく、恥ずかしくって人に言えるか!( ̄д ̄)」

    絹代、その言葉に逆上するように怒りが邦久に向かい・・・。

    絹代
    「うるさい、たわけ!(# ゚Д゚)母さんの事はいいんだわ!こいつはこれからの世の中、渡ってかないかんのやで。ニュースでも言っとるやろ!今は男でも、料理つくるのは当たり前なんやで、女の子もよって来ないんやと・・・。どぐずな奴の所には!」

    その言葉に再び、一瞬ひとしの頭の中であさの始業式のときでさやかと楽しそうに一緒にいた男子生徒の顔がフレッシュバックする。
    邦久の説得もあまり効果がなく、ひとしが「はあ~。(-_-)」とその場で無意識にため息をもらすがそんな事はおかまいなしに絹代はずかずかとせめこんでくる。

    絹代
    「本当にお金も持たんと、よくこんな時間までうろうろしとるわ!(# ゚Д゚)不良にからまれてもぼこぼこにされるだけやで・・・。手ぶらでうろついとると・・・。」

     #それでも太陽は赤く染まる!第14回「よみがえる乱情!」
    詳細・返信(0)
  • ワタリドリ 2分前
    ①だが、ひとしの返事もまたずに割り込んで絹代がわめき立てる。
    そこをすかさず絹代の目を盗んで隣りのトイレにすばやく飛び込んだひとし。

    絹代
    「ドアホが!トイレちびりそうになるまでどこほつき歩いとるんやて、おまえは。昼ご飯も食わんとそろばん行って、頭まわると思っとるんか!ただでさえ、たわけやのに!(# ゚Д゚)」

    ひとしは溜まった尿をぎりぎりセーフに勢いよく、シャーアアアアッと音を立てながら・・・。も、言いたい放題の絹代に、息を整えながら負け時と言い返す。

    ひとし
    「ご飯なんか何もなかったじゃないか!自分が、くだらんテレビばっかり見てずっとくつろいどって。( ゚Д゚#)」

    そう言って、うっかり手を洗う事も忘れて再び絹代の前に顔を出したひとし。戦闘態勢ばっちしです。

    絹代
    「カップ麺でも沸かして食べてきゃいいやろうが!中2にもなって、それひとつ出来んのやで!ど情けない。親を当てにするな!本当に生きとる価値なんてないんやでおまえなんか!(# ゚Д゚)」

    そこへ湯呑のお茶に、つまみを食べながら冷やかしなのか、助け舟を出したのかわからないけど邦久が2人の間に割り込んできた。



     #それでも太陽は赤く染まる!第14回「よみがえる乱情!」
    詳細・返信(0)
  • 雛乃まいん 22分前
    小説「メクるめく日々」を更新しました!  #メクるめく日々
    詳細・返信(0)
  • 雛乃まいん 1時間前
    小説「メクるめく日々」を更新しました!  #メクるめく日々
    詳細・返信(0)
  • 雛乃まいん 4時間前
    小説「メクるめく日々」を更新しました!  #メクるめく日々
    詳細・返信(0)

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.