メクる

累計 13920304 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

トップページ・検索 L

新規会員登録

パスワードを忘れた

携帯・スマートフォン対応!

http://mecuru.jp/

出版社様専用
お問い合わせ窓口

みんなのつぶやき

みんなのつぶやきは、@付き(ユーザー宛)と返信以外のつぶやきが表示されます


  • ゆうも 1時間前
    雰囲気好きです!!!手もきれい~(//∇//)
    いつもと違うこの塗りも素敵ですね///
     #繋縛
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    繋縛

    by コーヤ♪

    なんでこんな絵になったのかメイキング なんとなく手を描いてたら 顔をその上に描いてて んじゃこの手は誰の? この人の手じゃツマンナイな ああ、下から引っ張ってることにしよう?←手を掴ませる 手を描くのが楽しい じゃあもう片方の手も描こう でも何か掴んでないと変だな 数珠的なヤツを掴まそう 無駄にぐるぐるさせよう 上のヤツにもぐるぐるさせよう 下の人にも掴ませよう なんかこんなの描けました…おしまい。

  • エソラ 2時間前
    掌舐めー!好きですー!(*´Д`)  #繋縛
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    繋縛

    by コーヤ♪

    なんでこんな絵になったのかメイキング なんとなく手を描いてたら 顔をその上に描いてて んじゃこの手は誰の? この人の手じゃツマンナイな ああ、下から引っ張ってることにしよう?←手を掴ませる 手を描くのが楽しい じゃあもう片方の手も描こう でも何か掴んでないと変だな 数珠的なヤツを掴まそう 無駄にぐるぐるさせよう 上のヤツにもぐるぐるさせよう 下の人にも掴ませよう なんかこんなの描けました…おしまい。

  • 善奈美 5時間前
    色々足してくと、出来上がったりしますよね(ノ´∀`*)今の私の画力では無理だけども!  #繋縛
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    繋縛

    by コーヤ♪

    なんでこんな絵になったのかメイキング なんとなく手を描いてたら 顔をその上に描いてて んじゃこの手は誰の? この人の手じゃツマンナイな ああ、下から引っ張ってることにしよう?←手を掴ませる 手を描くのが楽しい じゃあもう片方の手も描こう でも何か掴んでないと変だな 数珠的なヤツを掴まそう 無駄にぐるぐるさせよう 上のヤツにもぐるぐるさせよう 下の人にも掴ませよう なんかこんなの描けました…おしまい。

  • ひろまひ 7時間前
    手ももちろん素敵だけど、表情がいいですね^^
    色遣い?筆?(わからん)いつものキラッキラのイメージとは違う感じー。でもこんなのも好きー❤︎
     #繋縛
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    繋縛

    by コーヤ♪

    なんでこんな絵になったのかメイキング なんとなく手を描いてたら 顔をその上に描いてて んじゃこの手は誰の? この人の手じゃツマンナイな ああ、下から引っ張ってることにしよう?←手を掴ませる 手を描くのが楽しい じゃあもう片方の手も描こう でも何か掴んでないと変だな 数珠的なヤツを掴まそう 無駄にぐるぐるさせよう 上のヤツにもぐるぐるさせよう 下の人にも掴ませよう なんかこんなの描けました…おしまい。

  • humiko 8時間前
    コミック「ツーショット♥」を公開しました!  #ツーショット♥
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • 善奈美 8時間前
    いっそのこと、一緒になってしまっては(〃艸〃)ムフッ  #0426
    詳細・返信(1)
    概要を表示

    0426

    by 清梯

    『嫁に来ないか』 深夜24時を回ったころ、千乃は仕事から帰って来る。 玄関で靴を脱いだら真っ先に愛音の眠る自分のベッドに向かう。 『ただいま』と小さく呟いて、愛音のオデコに微かなkissを落とす。 この時、愛音が気付いて目を覚ましたら一緒に起きて来て、千乃の夕食を温め直し、千乃が風呂に入っている間に食べ終えた食器を片付ける。 千乃が風呂から上がって来るとまた一緒に、今度は二人で千乃のベッドに入る。 ベッドで少しだけお話しをして、それからおやすみのkissして眠る。 一緒にベッドに入った深夜は、千乃にぴったりと引っ付いて眠る愛音だった。 この日は少し違っていた。 長く千乃のマンションに通っている愛音だが、求人雑誌を千乃が部屋で見かけたのは初めてだった。 眠りにつく寸前まで見ていたのだろうと思う千乃。愛音の手に敷かれた本をそっと取り上げるが、愛音は目を覚まさない。 サイドテーブルに置くと、千乃は一人、ベッドから離れた。 ダイニングテーブルの上のラップをかぶった千乃の唐揚げは、少しだいぶん焦げている。こんな時、愛音は必ず短い反省文と謝罪の言葉を紙に残す。 唐揚げが焦げたことのそれが、今夜はない。 千乃は冷めて固い唐揚げを早々に食べ終えると、シャワーで汗を流し、まだ滴が落ちる髪を手櫛でかきあげ足早にベッドに入った。 愛音が気付くようにもう一度オデコにkissをして、起こす千乃。 『ゆっくん…今帰ったの?』 ぼんやりと目を覚ました愛音は、眠そうに笑顔を作り千乃を見る。 『もう寝るところだ』 千乃はそう言うと愛音に被さる。 『おかえりなさい』 くすぐったそうに肩をすくめ、千乃の背中に腕を回す愛音。 "焦らなくていい" 千乃の頭の中でぐるぐるとそれは回る。 しかし、安易には言えないと思う千乃だった。 愛音の不安を共有したいと思う千乃だが、きっと愛音は話してくれない…。 愛しいかわいい愛音を千乃は、今夜は抱く。 なんつって←纏まらない

  • ひろまひ 8時間前
    幸せー❤︎な気分をありがとうございます^^
    千乃さんに任せておけばきっと大丈夫^^
     #0426
    詳細・返信(1)
    概要を表示

    0426

    by 清梯

    『嫁に来ないか』 深夜24時を回ったころ、千乃は仕事から帰って来る。 玄関で靴を脱いだら真っ先に愛音の眠る自分のベッドに向かう。 『ただいま』と小さく呟いて、愛音のオデコに微かなkissを落とす。 この時、愛音が気付いて目を覚ましたら一緒に起きて来て、千乃の夕食を温め直し、千乃が風呂に入っている間に食べ終えた食器を片付ける。 千乃が風呂から上がって来るとまた一緒に、今度は二人で千乃のベッドに入る。 ベッドで少しだけお話しをして、それからおやすみのkissして眠る。 一緒にベッドに入った深夜は、千乃にぴったりと引っ付いて眠る愛音だった。 この日は少し違っていた。 長く千乃のマンションに通っている愛音だが、求人雑誌を千乃が部屋で見かけたのは初めてだった。 眠りにつく寸前まで見ていたのだろうと思う千乃。愛音の手に敷かれた本をそっと取り上げるが、愛音は目を覚まさない。 サイドテーブルに置くと、千乃は一人、ベッドから離れた。 ダイニングテーブルの上のラップをかぶった千乃の唐揚げは、少しだいぶん焦げている。こんな時、愛音は必ず短い反省文と謝罪の言葉を紙に残す。 唐揚げが焦げたことのそれが、今夜はない。 千乃は冷めて固い唐揚げを早々に食べ終えると、シャワーで汗を流し、まだ滴が落ちる髪を手櫛でかきあげ足早にベッドに入った。 愛音が気付くようにもう一度オデコにkissをして、起こす千乃。 『ゆっくん…今帰ったの?』 ぼんやりと目を覚ました愛音は、眠そうに笑顔を作り千乃を見る。 『もう寝るところだ』 千乃はそう言うと愛音に被さる。 『おかえりなさい』 くすぐったそうに肩をすくめ、千乃の背中に腕を回す愛音。 "焦らなくていい" 千乃の頭の中でぐるぐるとそれは回る。 しかし、安易には言えないと思う千乃だった。 愛音の不安を共有したいと思う千乃だが、きっと愛音は話してくれない…。 愛しいかわいい愛音を千乃は、今夜は抱く。 なんつって←纏まらない

  • 清梯 10時間前
    イラスト「0426」を公開しました!
    いつもありがとうございます…!
     #0426
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    0426

    by 清梯

    『嫁に来ないか』 深夜24時を回ったころ、千乃は仕事から帰って来る。 玄関で靴を脱いだら真っ先に愛音の眠る自分のベッドに向かう。 『ただいま』と小さく呟いて、愛音のオデコに微かなkissを落とす。 この時、愛音が気付いて目を覚ましたら一緒に起きて来て、千乃の夕食を温め直し、千乃が風呂に入っている間に食べ終えた食器を片付ける。 千乃が風呂から上がって来るとまた一緒に、今度は二人で千乃のベッドに入る。 ベッドで少しだけお話しをして、それからおやすみのkissして眠る。 一緒にベッドに入った深夜は、千乃にぴったりと引っ付いて眠る愛音だった。 この日は少し違っていた。 長く千乃のマンションに通っている愛音だが、求人雑誌を千乃が部屋で見かけたのは初めてだった。 眠りにつく寸前まで見ていたのだろうと思う千乃。愛音の手に敷かれた本をそっと取り上げるが、愛音は目を覚まさない。 サイドテーブルに置くと、千乃は一人、ベッドから離れた。 ダイニングテーブルの上のラップをかぶった千乃の唐揚げは、少しだいぶん焦げている。こんな時、愛音は必ず短い反省文と謝罪の言葉を紙に残す。 唐揚げが焦げたことのそれが、今夜はない。 千乃は冷めて固い唐揚げを早々に食べ終えると、シャワーで汗を流し、まだ滴が落ちる髪を手櫛でかきあげ足早にベッドに入った。 愛音が気付くようにもう一度オデコにkissをして、起こす千乃。 『ゆっくん…今帰ったの?』 ぼんやりと目を覚ました愛音は、眠そうに笑顔を作り千乃を見る。 『もう寝るところだ』 千乃はそう言うと愛音に被さる。 『おかえりなさい』 くすぐったそうに肩をすくめ、千乃の背中に腕を回す愛音。 "焦らなくていい" 千乃の頭の中でぐるぐるとそれは回る。 しかし、安易には言えないと思う千乃だった。 愛音の不安を共有したいと思う千乃だが、きっと愛音は話してくれない…。 愛しいかわいい愛音を千乃は、今夜は抱く。 なんつって←纏まらない

  • パピロケニス 04月25日
    石言葉の企画がなくなったので、修正を加えて公開しました! ラピスラズリをテーマに短編を一個載せてます。びっくりするほどホモくない。
    小説「What is love?」を公開しました!
     #What is love?
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    What is love?

    by パピロケニス

    ラピスラズリという石をテーマに書いた短編です。宗教の知識が薄いのでエセ宗教話です。

  • 朱雀 04月25日
    続きを熱望します(≧∇≦)  #0423
    詳細・返信(1)
    概要を表示

    0423

    by 清梯

    『嫁に来ないか』 大学を出て就職したものの、なかなか上手く仕事をこなせない青井愛音。 人と話すのももともと苦手なため、会社に馴染めず、徐々に周りとの差が見えるようになる。 更に自分がゲイであるという負い目も手伝って、半年後には会社を辞めて実家に帰り引きこもった。 その頃は、たまたま体調を崩していた母親の代わりに、出来る範囲の家事を愛音が手伝うことになった。 唯一の友人であるノンケの甲斐は、愛音の内向的な性格をよく理解している。ゲイであることにも偏見は無い。 甲斐はちょくちょく彼の実家に彼の様子を伺いにやって来ていた。 ある日、良いバーがあるからと甲斐に連れられて訪れた店で、愛音の生涯の伴侶となる石川千乃と出会う。 千乃は仕事が好きだった。1LDKのマンションは千乃には寝るためだけの家だった。 カーテンが開くことはない。 そんな千乃のマンションに愛音が通うようになってもう一年になろうとしていた。 愛音は夜19時に千乃のマンションに来て、夕食の支度をし、洗濯物を片付ける。 千乃の帰りを待ちながら、一人、千乃の部屋でさっき作った夕食を済ませ、シャワーで汗を流し、千乃のベッドで眠る。 朝方5時、隣で眠る千乃の寝顔を見て、起こさないようにそっと千乃のマンションを出る。 ただ千乃の寝顔を見るだけの日が多いけど、それでもそんな日常が愛音には楽しかった。 行く場所がある、自分に出来ることがある。愛音は嬉しかった。 千乃の家は今の愛音には心の拠り所になっていた。 帰ると、父親と高校2年の弟に弁当を作り、朝食を用意した。 『てか、兄ちゃんまだ働かないの?』 しかし、その当たり前の言葉に、ドキリとしてしまう愛音だった…。 『大丈夫だ、愛音。』 そんな愛音の不安を千乃は全部知っている。 っていう妄想←纏まらない

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.