闇塚 鍋太郎

ユーザー L

フォロー10


一覧を見る

フォロワー10


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

闇塚 鍋太郎

時空転生、大暗闘へ跳んだ

11月8日 22:52

テーマ:身辺雑記


フォント
文字:--%
行間:--%
 発車と同時に『信玄忍法帖』の続きを読み始めた。戦国の巨竜、武田信玄。主君の遺言を果たすべく登場するのは「死んだはずの」山本勘介!敵方の家康は七人の忍者を甲斐に派遣し、信玄の生死を探ろうとする。かくして、両軍攻防の火蓋は切られた。抜群の面白さ。いわゆる「影武者」を題材にした活劇小説の中では、最高の出来ではあるまいか。

 職場に着いた。売店に足を進め、朝食を買った。卓席に陣取り、菓子パンを齧りながら、コーヒー(約五割)を飲んだ。今日のコーヒーは適度な熱さで旨い。その日によって、温度が変化するような気がするが、理由はわからぬ。本当に「気のせい」なのかも知れない。ラジオの情報番組を聴きながら、残り五割を飲む。今日の話題は「無人コンビニ」であった。

 午前業務終了。職員食堂に行き、販売機でBランチの食券を買う。今日のBはシーラカンス…ではなくて、アラスカメヌケ(多分)を煮たやつ。味つけに個性が感じられないが、ともあれ、食べ続ける。小鉢はきんぴらごぼう。食後に飲む冷水が旨い。かなり動き回る仕事なので喉が渇くのだ。

 空の食器を載せたトレイを所定の棚におさめ、休憩室に行った。十分程度仮眠。眼を覚ますと、全ての席が埋まっていた。過半数が眠りの世界に落ちていた。いよいよ敷地内屈指の(?)昼寝スポットと化してきたらしい。俺はAさんと入れ替わるようにして、席を立ち、午後の仕事へ向かった。

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

1000文字以内

  • >>3

    >焚火がお好きだったそうで、返却された原稿を燃やしていたとか。
    >な、なにやってんだよ~…風太郎~…!_| ̄|○

    そうらしいですね。でも、山田先生らしい気もしますね。

    >活字にされる前の生原稿には、きっともっとスゴイ書き込みが……。

    あるいは、執筆(の苦労)の痕跡を自ら消しておられたのかも。印刷され、発表物に載った時点で「その作品は終わり」なんでしょうね、先生の場合。

    >やっぱりアラスカメヌケ(?)お高いらしいですよ~!

    となると、うちの食堂では使えないですね。では、他の代用魚かな?タイセイヨウアカウオとか(苦笑)。

    2018/11/09 07:56

    返信
  • 山田風太郎氏の生原稿は、ほとんど現存してないと、
    風太郎マニアの友人から聞いたことがあります。
    焚火がお好きだったそうで、返却された原稿を燃やしていたとか。
    な、なにやってんだよ~…風太郎~…!_| ̄|○
    作家様の400字詰めの原稿用紙の生原稿って、ドキドキします。
    活字にされる前の生原稿には、きっともっとスゴイ書き込みが……。
    な、なにやってんだよ~…風太郎~…!!_| ̄|○ 二回目。(笑)
    この位の破天荒さがないと、あんなに面白い活劇は書けないのかも。

    食堂メニュー、安定のローテーションですな。(・∀・)
    いやでも、やっぱりアラスカメヌケ(?)お高いらしいですよ~!

    2018/11/09 00:43

    返信
  • >>1

    >休憩室の天井を見てみましょう。

    なるほど。掃除のおじさんが腰を抜かした理由がわかりました(笑)。

    2018/11/08 23:30

    返信


ユーザー R

ブログ - カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.