大友昌信

ユーザー L

大友昌信

こんなアイコンですが男です。


フォロー20


一覧を見る

フォロワー19


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

大友昌信

停電面倒反省記&最近の活動と遭った事まとめ

8月31日 18:38

テーマ:ブログ


フォント
文字:--%
行間:--%
茨城中部に住んでいる私ですが、なんかここ数日天気が荒れています。

夜に外が打ちつける雨音でうるさかったり、結構近くに雷が落ちたり。

で、今日また雨が強くなったなーという頃合いに、停電しました。

私はよくわかんない通信環境の都合上、ブレーカーが落ちたり停電すると、すぐに、

(あ、これ回線死んだ。)

と悟って、停電で暗い中非常灯を持ち出して読書しておりました。

こういう時は大抵、父が何やらルーターかなんかをいじって回復していましたが、生憎父は出かけたタイミング。

何とか直んねーかなーとAOSS?をよく分からんままいじったら、Wi-Fiもインターネットも回復した。

よくわかんないままてきとうに(重要)

こういう時、同じような状況になったときの対処法とかをきちんと学んでいない自分にため息つきたくなりますね。

現在は、自分で再び繋がった回線に対して、

『対処法あれで合ってる?』
『もしかしてなんか不備があるんじゃない?』

と不安要素を心に抱えたままネット回線を使ってこのブログを書いています。ばからしいね。



最近は、創作活動はずっと『アンリミテ(短編集)』にかまけている状態です。

二月ほど前までは『潜水艦の話を書くんだー』と息巻いていたのですが、うんやっぱり長話はしんどい。ちまちまやってます。

短編の方は、二話くらい出来上がる度に作品のつぶやきと共に上げてます。現在……何話だろう。とりあえず三十数話。

それと、ホントに昨日か一昨日くらいの話ですが、直近の二話『コシツのペン』『サホウの剣』に対して、二色燕丈様より返歌を頂きました。

詳しくは下記の二作品を御覧ください。

アンリミテ(短編集):大友昌信
http://mecuru.jp/novel/24951

ひとりごち創作の日記:二色燕丈様
http://mecuru.jp/novel/26474



精神状態についてもお話いたします。がっつりと。

最近はもっぱら調子が安定しておりましたが、二週間ほど前の水曜日に些細な事で調子を崩してしまいました。

現在通っている支援施設で、仲のいい利用者さん達と談笑をしていた時に、施設のスタッフさんの一人に、不意に脇腹をチョンとつつかれました。それでびっくりして、声を上げないよう目の前の机に前のめりになったのですが、堪えているところにまたチョンと同じ場所をつつかれまして。

それだけでこの二週間、ようやく消化されてきていますが、背面と側面に対する恐怖にとらわれ、人間不信になりかけていました。

脇や背中は『弱い』とは自分でも認識していましたし、そのスタッフさんにも伝えてはいましたが、まさか『怖い』にまでなるとは思いませんでした。

で、ここが私の困ったところなのですが、こういった事を相談しようとしないのですね。いや、信頼できる利用者さんとかには相談したのですが。

上記の通り、伝えていたのは『弱い』という苦手感覚だけで、『怖い』まで行くものとは自分でも思っていませんでした。

コミュニケーション自体でも、そのスタッフさんは社交性が高く、肩を叩いて「お疲れ」というようなことも多いタイプですので、まあ、たまに後ろから不意に弄られたりすることもありました。そういった時に苦笑しているばかりで明確にやめてくださいとは言ってませんでしたし。

なので個人的には、

『伝えてなくて意思表示もしていなく、かつ自己認識が甘かった自分が悪い。スタッフさんに悪意はなく、よくやる接し方で話しかけようとしてきただけであり、それによってスタッフさんが迷惑を被られるとむしろこちらが罪悪感を感じてしまう。』

と考えていまして、有り体に相談したらそのスタッフさんが迷惑を被ってしまうんじゃないかという心配から、この事を相談できていないわけです。

……まあ、それでこの二週間以上調子が落ち込んでいたら元も子もないのですがね。

でもまあそれ以上に、どうしても私は平和裏にというか、穏便に済ませたいと考える人間でして。

スタッフさん達の事は信頼しているのですが、支援施設でどうしても『心』を扱う事に関しては厳しいと思うのです。で、私が精神の調子をうまくコントロールできなかったことで、当のスタッフさんに不利益が生じるのは私は望んじゃあいないんですね。

そういう事もあって、内容を含めて相談したのは親しい利用者さんだけなのです。それでも内容は濁してたり、その時一緒に話していた利用者さん達だったりするんですが。

私がスタッフさん達に相談できるとしたら、きっと当該スタッフさんに何のご迷惑もかからないことが保証された時くらいですかね。

でも、そのために私が周囲にかけた迷惑度合いは計り知れないんですよね。ほんとに。ここはむしろ、施設の代表の方に言わせたら『改善するべき部分』に当たりそうですね。

私自身、この様な思考回路はどこかおかしいと感じながらも、これが自分らしい考え方だと思っている部分もあります。

いつだかに言われた、『自己犠牲の優しさ』?みたいな評価が、今になって苦しく感じます。

でも、これが私が今まで培ってきた、『一番私らしい』私のような気もするんですよね。

で、いま思ったんですけど、「何でここにこんなことを書いているんだろう」ってなりました。

なんででしょうね。

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

1000文字以内

  • >>1

    読んでいただきありがとうございます。

    まあ、そういう考え方をもうちょっと変えていくみたいなチャレンジしないといけないでしょうね。強みでもあるかもしれませんが、実際弱みでもありますし(私の思考)。

    2018/08/31 20:36

    返信
  • アンリミテ読んでますよ。
    二色さんと大友さんの交流を見て素敵だなあと思いました。

    近況報告を見て、大友さんがもうちょっとでも心地よく生きれたらいいんだろうけど、と考えました。

    2018/08/31 18:50

    返信


ユーザー R

ブログ - カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ - テーマ

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.