サキ編集部員

ユーザー L

サキ編集部員

メクる編集部員です!


フォロー174


一覧を見る

フォロワー152


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

サキ編集部員

TL

【らぶドロップス恋愛小説コンテスト】受賞のヒント②

7月27日 15:59

テーマ:お知らせ


フォント
文字:--%
行間:--%
みなさんこんにちは。
メクる編集部員のサキです♪



現在、メクるで開催中の第11回らぶドロップス恋愛小説コンテスト
受賞のヒントとして、前回は青砥あかさんのインタビューコメントを紹介いたしました。

最優秀賞受賞作は蜜夢文庫からの出版が確約されている今回のコンテストでは、11万字~13万字と、文庫本一冊分に匹敵する文字数が必要です。
これだけの文字数の作品をいざ書くとなると、どうやって書いていけばよいのか、戸惑うこともあるのではないでしょうか。

メクる公式作家・ひらび久美さんは第6回で最優秀賞を受賞され『プレイボーイお断り!』でデビューされています。


©『プレイボーイお断り!』/ひらび久美/うさ銀太郎/パブリッシングリンク

ひらびさんは、長編作品を書く際の集中力の保ち方を、このように語っていらっしゃいます。

* * * *

――コンテスト応募作は、どのくらいの時期から、どんなペースで書かれたのでしょう? また、長編を書くコツも教えていただけますか。

らぶドロップス恋愛小説コンテストと(勝手に)運命的な出会いをしたのは、コンテストの締め切り二週間前でした。とにかく締め切りに間に合わせるべく、(昼は時間が取れなかったので)夜ほとんど寝ずに必死で書き上げました。

 普段、長編を書くときは、だいたいの流れを妄想してから、書きたいという気持ちや勢いに任せて書いています。それが途切れてしまうと、私の場合、文章や展開自体が気持ちを反映してダラダラした冗長なものになりがちで……(あかんなぁ)。

書くときは集中して、を心がけています。なかなか難しいですが、普段からステキな小説やコミック、ドラマや映画を見て刺激をもらい、「書きたい!」という気持ちを蓄積しています。

* * * *

一番大事なのは、「書きたい!」という気持ちということですね。
さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事まで!

メクる公式作家・ひらび久美さんにインタビュー!

ひらびさんがらぶドロップス恋愛小説コンテストに応募されたきっかけや、作家としてのこだわり、作品を書き続けていく工夫など。興味深いお話をたくさん語っていただいております。ぜひチェックしてくださいね♪

それでは、メクる編集部員のサキでした!

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

1000文字以内

コメントはありません


ユーザー R

ブログ - カレンダー

2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.