深町珠

ユーザー L

フォロー8


一覧を見る

フォロワー8


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

深町珠

自然の中の微分

16年6月28日 23:09

テーマ:ブログ


フォント
文字:--%
行間:--%
数字は私、そんなに好きでなくて
コンピューターに任せてしまいます。
アインシュタインさんも、数学者に任せていたので

面倒ですもん。


自然の中で微分、というと

簡単にいうとわり算。


オーケストラのアンサンブルでいうと
バイオリンの音をわり算して行くと

綺麗な波、になります。

さざ波みたいな。

反対にかけ算すると積分、ですね。

その時に、かけ算の回数を変えると違う音になるので

ケータイ音楽などの音楽は、その回数を
わり算した時に覚えておいて
かけ算して、音楽を作ります。

例えば、笛の音を3回かけ算すると
金属的に聞こえます。

3.5だと、硝子の割れたような響きになります。

デジタル音楽がなんとなく金物っぽいのは

このせいです。

簡単ですね。それなので
ケータイに入るのですけと

今は、数式を解かなくても
概念だけで解析が出来るので
中学生ぐらいで発明家になれたり。


すごい時代。

シンセサイザーを無料ソフトで作れる。


発想ひとつ。



友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

1000文字以内

  • >>3

    はい。今の音階は綺麗な波なので
    例えばラの音が440ヘルツだったら
    オクターブ上のラは880ヘルツ、なので
    重ねて綺麗に響きます。

    それを8で割っているので均等。


    なので、音程が変だと波が歪むので 
    変に聞こえる、とか。

    自然の音に慣れていると、そうですね。

    耳の構造が、元々対称な波にあっているから
    そうなる、
    って、面白いです。

    行って、帰って。
    対称でないと三半規管が疲れるのでしょうね。

    クルマ酔い、みたいに、

    2016/06/30 22:42

    返信
  • >>2

    デジタル音楽も違和感感じるのですが例えば、スーパー音痴な人とかが歌うと音程がメチャメチャ、気持ち悪いのもそれですかね?


    音楽は、好きですがいざ、自分がキーボードやピアノをやり出すと音探しをやってたりします。根本的に移調が苦手なので何とも言えないのですけど。


    それでもカラオケは、昔の機械から比べたら全然、マシになったと思いますがやはり、曲の寄ってというか機械に寄っては、もう、●§@◎▽◆☆★って感じです。

    2016/06/30 00:16

    返信
  • >>1

    はい。自然の音はモノが震えて出るので
    波紋みたいに綺麗な揺らぎになっていて
    鼓膜も、振動で受けていて。

    受けた揺らぎを、三半規管という
    ループの中の液体の流れに変えて
    それを神経が電気信号にします。

    液体の流れなので、急な流れの変化に耐えられません。

    1/2mv2、速度自乗で圧力が起こるので
    速度変化は大きな圧力と感じますから
    波紋のような揺らぎでないと

    エレベーターが急上昇したような感じになるので
    違和感があるのですね。

    デジタルの音も、自然の波と同じ
    揺らぎを作ればいいのですけど
    カラオケのピッチコントロールは
    プログラムが単純なので
    違和感があるのですね。

    楽器の、例えば
    クラビノーバとか
    エレクトーン、オーディオの
    ハイレゾ、SONYのウォークマンとかは
    そういうプログラムが入っているので
    少しまし、かもしれないです。

    いま、ほとんどのラジオ番組は
    デジタル録音なので
    生放送どの違いが、今のデジタル技術レベルで
    聞き比べると面白いかもしれません。

    アナログが一番ですけど。

    2016/06/29 23:10

    返信


ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

ブログ - カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ - テーマ

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.