メクる

累計 13900838 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

それでも太陽は赤く染まる!第12回「夕暮れの散歩道!」

イラスト
シンプル
オリジナル

ワタリドリ

  • 閲覧数

    46

    3720位

  • 評価数

    0

    3041位

  • マイリスト

    0

    2289位

2017年03月27日 21:24 公開
イラスト小説「それでも太陽は赤く染まる!」の続きです。版画を用いています。よろしくお願いいたします。<(_ _)>
心に傷を負ったひとしが向かう、居心地の良い場所?。大切な時間とは・・・!

第12回 「夕暮れの散歩道!」

母親と大喧嘩をして家を飛び出したひとしは、ちゃっかり頼まれた買い物のエノキダケだけはスーパーによって買ったものの、けっきょくそろばんには行く気にはなれずに、無意識にそのまま自転車でテレビ塔の見える名古屋の中心の栄の方までペダルを走らせて行った。
ビルの横を行きかう人々、社会人や学生たちにすれ違いながら、ひとしは頭の中がまるで漂流したようにぶらぶらとあてもなく沢山の街並みを眺めるように進んでゆく。好きなアニメのCDとか熱帯魚ショップなども途中で通りかかって、寄ろうかとも思ったが、いまいち店に入る気がのらなくて横目にそのまま通りすぎてしまう。
いつのまにか茜色のキャンバスが紺色の絵の具でしんみりと彩られると、道路を行きかう車や街並みにあかりが灯るようにあちこちでネオンが反射して目の前に広がる風景が変わる。
ちょうど目の前をよぎる真っすぐと天に向かって堂々とそびえたっていたテレビ塔にも、ほんのりとやさしいオレンジ色の灯りがともりはじめていた。
通りすがりのビルにつけられている時計の針はいつのまにか7時を回っていた。穏やかになびく風のにおいが夜風の香りに変わる瞬間をひとしは五感で敏感に感じ取ったせいか、テレビ塔を背後にようやく自転車の進む方向を家のほうかくへと変え始めていた。
街のあちこちに彩られた夜桜たちが道行く沢山の街灯に照らされるように鮮やかなピンク色の花びらをなびかせていた。
まるで今日1日に心に積もった、たくさんの疲れを桜の花びらたちが癒してくれているように・・・。

立ちこぎで並木道を走らせていたひとしの表情には、いつのまにか穏やかで心地よい笑みが口元に浮かんでいた。

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

ワタリドリさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#それでも太陽は赤く染まる!第12回「夕暮れの散歩道!」

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿イラスト(64) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他

コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.