メクる

累計 13892527 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

共通 L

新規会員登録

パスワードを忘れた

携帯・スマートフォン対応!

http://mecuru.jp/

出版社様専用
お問い合わせ窓口

メクる公式ユーザーについて

1.メクる公式ユーザーとは?


メクる編集部公認のユーザーです。
認定されると のマークが表示されます。


1.メクる公式ユーザーの種類

2016年10月3日時点で、3パターンの公式作家が活動予定です。

①実際にプロ作家として活躍中の作家
メクる限定作品を連載中です。

②公式作家チャレンジに合格された作家
作品を持ち込んでいただき、公式作家チャレンジにて合格されたメクるユーザー。

③編集部にてスカウトを行った作家
メクる投稿作品を公式作品化されたメクるユーザー。

※メクる会員が公式ユーザーになれる方法は2通りあります


3.メクる公式ユーザーになるには?


①自ら応募し編集部へ応募する
②メクる編集部員が著者をスカウトする

詳しくは以下のお知らせをご確認ください。
関連するお知らせ
メクる・パブリッシングリンクと共同で「公式作家チャレンジ」のサービスを開始します(2016/10/3)


共通 R

ハッシュライン

  • ひろまひ 9分前
    爽やか〜^^
    眩しくてくしゃみがでそう(* ˃͈ ㅿ ˂͈ )
     #Greenery
    詳細・返信(0)
  • アキスズ 55分前
    美しい…!鮮やかだけど目に優しい色合いが素敵です( ´ ▽ ` )  #Greenery
    詳細・返信(0)
  • 大友昌信 1時間前
    小説「異能力の裁断 ~妖鬼譚~」を公開しました!


    思い出したように、蘭は蓮の後を追った。

    「今更何ですか。別に何か減るものでもないのに。」

    「今は駄目ー!恥ずかしいのー!!」

    松寿はその様子を眺めて、本当の二人の姿を見て笑った。

    と、松寿の後ろからも、二人の男女の笑う声が聞こえた気がした。

    松寿は振り向いた。しかし、誰もいない。

    だがわかっていた。蘭と蓮の両親は、ずっと二人の味方なのだ。
     #異能力の裁断 ~妖鬼譚~
    詳細・返信(0)

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.