メクる

累計 17785187 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

サンタガール

短編小説
コメディ
オリジナル
2015年11月28日 10:26 公開
1ページ(690文字)
完結 | しおり数 0


サンタガールの愚痴のお話。

あまね

  • 閲覧数

    553

    614位

  • 評価数

    0

    2360位

  • マイリスト

    0

    2306位

フォント
文字:--%
行間:--%
 12月の寒い中、子供にプレゼントを配るという罰ゲームにもにた作業をしないといけないのか、そう先輩に愚痴ったのは、間違いだった。

「はぁ?それを私の前で言っちゃう、言っちゃうとはいい度胸だよ後輩」
「すいませんでした」

 寒い気温なんて、吹き飛ばしそうな表情で、先輩が詰め寄る前に謝るが、許されなかった。

「すいませんで済まされる程度で私の不満は沈まらねぇんだよ、寒い中私はミニスカートなんだよ、セクハラにも程があるだろう、私にはジジイ達のように厚い脂肪があるわけでもねぇ」

 確かに先輩のお腹にも胸にも脂肪と呼べるものはないですと言って和やかな雰囲気になるわけでもないので、黙っておく。

「大体さ、昨今の子供なんて、私の頃より恵まれているのに、さらにプレゼントを貰えるとかふざけんなよって言いたいよ、それはもうふざけんなよって何度だって言いたい、それほど私には不満があるわけよ、でも私だってこの業界長いのよ、サンタとしてこの業界長いからその不満を呑み込んで、サンタとしてやっているのに、私より業界短い後輩が、罰ゲームみたいですねぇって簡単に言いやがって、私がこの業界いるのも罰って言いたいのか」

 決してそんなつもりはないと、一生懸命首を横にふるが、先輩はとまらない。

「いたいけな少女だった私は、寒空の中マッチ売って、プレゼントすらもらえず死んだのに、何の因果か天国にきたらババアがサンタと結婚しているから、私はその手伝いで、寒くてミニスカートという変な格好で子供にプレゼント配っていることに何の不満もないとか思っているのか後輩」
「文句言ってすみませんでした」

スキを送る

累計 10 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

あまねさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#サンタガール
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(23) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.