メクる

累計 17165055 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

その一言注意です!

短編小説
コメディ
オリジナル
2015年12月19日 13:42 公開
1ページ(827文字)
完結 | しおり数 0



あまね

  • 閲覧数

    275

    1075位

  • 評価数

    0

    2212位

  • マイリスト

    0

    2147位

フォント
文字:--%
行間:--%
「クリスマス、愛しい愛しい彼女との甘い時間を過ごそうとしている皆さんこんにちは、センセーです」
「今日は、そんな甘い時間をあなたの不用意なひと言で台無しにしないように、一緒に学んでいきましょうアシスタントーですさて、クリスマスともなると浮かれ過ぎて財布ばかりか口もゆるんじゃいますね」
「はい、そこから緩んだ口から飛び出すのは、災いですので気をつけていきましょう」
「はい、センセーどのように気をつけたらいいでしょうか?」
「まず、喋んな」
「いきなり無茶ですね」
「アシスタントー沈黙は金ですよ、基本的に喋らなければ、何事も起きません」
「センセー、恋人たちは楽しい何事かを期待しているので何も起きないのはチョットアレな感じです」
「しょうがないですね、アシスタントーみたいに何かを期待している皆さんに気をつけて欲しい言葉があります」
「それはなんでしょうか?」
「あなたは自慢の恋人という言葉です」
「わりとよく耳にする言葉ですよね、センセー」
「はい、それ故に皆が皆陥りやすいのです、アシスタントーは、この言葉なぜいけないのかわかりますか?」
「惚気てんなこの馬鹿だからでしょうか?」
「わりと正解に近くてビックリしていますが、不正解です」
「センセーそれでは理由を聞かせてください」
「はい、これは恋人を心の底で所有物と思っているサインなのです」
「そうなんですか」
「はい、冷静に考えてくださいアシスタントーさん恋人は自慢するモノじゃなく、愛し合う者なのです」
「なるほど、惚気た連中にも聞かせてやりたいですね」
「それでは最後に復習して終わりますよ、リピートしてください」
「はいセンセー」
「あなたは自慢の恋人ですには、醜い心が潜んでいる」
「あなたは自慢の恋人ですには、醜い心が潜んでいる」
「よく出来ました、皆さんも余計な一言には気をつけてください」
「センセーありがとうございました、これで今回のソレを言っちゃあお終いよを終わります」

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

あまねさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#その一言注意です!
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(23) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.