メクる

累計 15638739 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

維管束に流れる

小説
SF
オリジナル
2016年10月01日 18:44 更新
41ページ(44460文字)
完結 | しおり数 7

――僕は彼を、世界中の理不尽から守りたいと思った。

カミハテ

  • 閲覧数

    748

    394位

  • 評価数

    10

    395位

  • マイリスト

    1

    411位

維管束:種子植物とシダ植物の根・茎・葉を通じて発達した通道組織。
水分の上昇路である木部と,養分の通路となる師部からなる。管束。
【大辞林 第三版より抜粋】


※書き溜めがあるので、直しながら少しずつ投稿します。
※以下、あらすじと簡単な注意喚起。

第二次世界大戦は、連合側ではなく、枢軸側の勝利に終わった。
国境という概念は壊され、あらゆる人種が混ざり合うようになった世の中で、
台湾をルーツに持つ青年・ユーヒェンは天才生物学者・篠田(しのだ)(じょう)と大学構内の丘で偶然『出会う』

しかし実はユーヒェンは丞に心酔しており、友人になる機会を数年前から伺っていたのだった。
目論見通り彼の友人になることに成功したユーヒェンは、彼と過ごす時間をこの上なく喜び、尊ぶ。

一方、地球の大地には得体の知れない『何か』が現れていて……。

青年の歪んだ友愛が、世界を巻き込む。セカイ系・サイエンスフィクション。



※『一般』で公開しますが、男から男への行き過ぎた愛情表現が少々見受けられます。
※あと触手とか出ます。趣味です。
※表紙の絵はフリー素材からお借りし、タイトルだけ自分で入れました。

スキを送る

累計 210 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

カミハテさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#維管束に流れる
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • カミハテ 10月02日
    閲覧・スキ・栞・評価…ありがとうございます。励みになります。嬉しいです。  #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • ひろまひ 10月02日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    “男から男への行き過ぎた愛情表現が少々見受けられます。あと触手とか出ます。趣味です。”
    というところから惹かれて←読み始めました。
    全然上手く言えないのですけど、ドキドキして続きが読みたくてあっという間に読んでしまいました!
    まだ終わってしまうのが残念で、続きがあるのがわかり…読みに行ってきました‼︎
    第三部まであるということなので、楽しみに待ちたいと思います。
    あ、あと表紙も素敵ですね(*´꒳`*)
    (ネタバレ)
     #維管束に流れる
    詳細・返信(1)
  • カミハテ 10月01日
    小説「維管束に流れる」を更新しました。最終更新です。
    第一部としては完結となります。続編は、また新たに表紙を用意して投稿します。

    友愛×触手×SF!『維管束に流れる』よかったら読んでってください!(宣伝)
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(7) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

リスペクト本棚 (66)

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

  • カミハテ 10月02日
    閲覧・スキ・栞・評価…ありがとうございます。励みになります。嬉しいです。  #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • ひろまひ 10月02日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    “男から男への行き過ぎた愛情表現が少々見受けられます。あと触手とか出ます。趣味です。”
    というところから惹かれて←読み始めました。
    全然上手く言えないのですけど、ドキドキして続きが読みたくてあっという間に読んでしまいました!
    まだ終わってしまうのが残念で、続きがあるのがわかり…読みに行ってきました‼︎
    第三部まであるということなので、楽しみに待ちたいと思います。
    あ、あと表紙も素敵ですね(*´꒳`*)
    (ネタバレ)
     #維管束に流れる
    詳細・返信(1)
  • カミハテ 10月01日
    小説「維管束に流れる」を更新しました。最終更新です。
    第一部としては完結となります。続編は、また新たに表紙を用意して投稿します。

    友愛×触手×SF!『維管束に流れる』よかったら読んでってください!(宣伝)
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • カミハテ 07月25日
    小説「維管束に流れる」を更新しました。現在2、現在3です。
    冒頭の現在1と時系列が繋がります。ジョーのアパートでユーヒェンがとった行動とは。そして、彼の選択した結末とは……。

    たぶん、次で最終回です。
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • カミハテ 07月22日
    小説「維管束に流れる」を更新しました! 回想5です。
    長い長い回想が終了して、ようやく時間軸が現在に戻って来ます。

    ジョーが謎の植物に何をしたのか…。
    確信を得たユーヒェンは独り、生物部の部室にやってくる。ある計画を始めるために――。
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • カミハテ 07月14日
    小説「維管束に流れる」を更新しました。回想4です。
    ジョーの論文は順調に進んでいた。彼の世話をする一方で、ユーヒェンはある違和感を覚えて……。

    しおり・フォロー、嬉しいです。
    読者がいるって、良いものですね。
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • カミハテ 07月12日
    小説「維管束に流れる」を更新しました。
    ついでに分かりやすいよう、章分けも少し弄りました。『回想3』が今回の更新分です。

    春休み中、ユーヒェンはジョーの研究を邪魔しないよう、あえて連絡を控えていたのだが――。

    よかったら、どうぞ。
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)
  • カミハテ 07月11日
    小説「維管束に流れる」を公開しました! 第二章です。
    ジョーの暮すアパートに招かれたユーヒェン。しかしそこに居たのは……。
     #維管束に流れる
    詳細・返信(0)

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.