メクる

累計 13590967 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

蜉蝣

小説
文学
オリジナル
2017年01月25日 00:18 更新
44ページ(93869文字)
連載中 | しおり数 1

売れない小説家と売れない画家の話

二色燕丈

  • 閲覧数

    187

    945位

  • 評価数

    0

    -位

  • マイリスト

    0

    -位

過去と未来と、幻想と現実
この声が君に届くとき
過去の君は、何処にいる
未来の自分と、蜉蝣(ふゆう)する

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

二色燕丈さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#蜉蝣
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • 二色燕丈 01月25日
    蜉蝣「雨雫」を公開しました!

    手の甲を撫でるその現象。
    あの話の後、なんだか気まずくて蛍は手を引っ込める。わかっている。もうどこにも傷は、ないはずだが。
    それから雨を眺める空太の目は。
    思ったよりも、遠くを眺めているような気がした。(本文抜粋)
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 12月24日
    蜉蝣「泥濘」を公開しました

    自分と他者と記憶が混在した泥濘とゆっくりとした刻が流れ、薄れた酸素を脳が求めたあの瞬間、ただ漠然とそこに残った感情はただ一つ。

    死にたくない。(本文抜粋)
    二色燕丈
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 11月22日
    蜉蝣「紫煙」を公開しました

    微睡みはいつも途方もなく彼方から現れるものであると自覚する。
     こんな時、そう、こんな、目覚めの悪い夜中とも朝方とも判断がしがたいような薄い暗闇の天井を眺めては。(作者 上柴楓)本文抜粋
    二色燕丈
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

ツギクルランキング参加中

ツギクルバナー

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(27) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

  • 二色燕丈 01月25日
    蜉蝣「雨雫」を公開しました!

    手の甲を撫でるその現象。
    あの話の後、なんだか気まずくて蛍は手を引っ込める。わかっている。もうどこにも傷は、ないはずだが。
    それから雨を眺める空太の目は。
    思ったよりも、遠くを眺めているような気がした。(本文抜粋)
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 12月24日
    蜉蝣「泥濘」を公開しました

    自分と他者と記憶が混在した泥濘とゆっくりとした刻が流れ、薄れた酸素を脳が求めたあの瞬間、ただ漠然とそこに残った感情はただ一つ。

    死にたくない。(本文抜粋)
    二色燕丈
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 11月22日
    蜉蝣「紫煙」を公開しました

    微睡みはいつも途方もなく彼方から現れるものであると自覚する。
     こんな時、そう、こんな、目覚めの悪い夜中とも朝方とも判断がしがたいような薄い暗闇の天井を眺めては。(作者 上柴楓)本文抜粋
    二色燕丈
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 11月02日
    皆様ありがとうございます。
    小説一話はアップしました
    末永くよろしくお願いします

    まだまだ、インタビューは続けていきます
    ちなみに…表紙の字は直筆です(笑)
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)
  • 二色燕丈 11月02日
    蜉蝣「月夜」を公開しました

    お互いがふと視線を合わせて間を取ったタイミングで、蛍は空太の感性の紙の束を、空太は蛍の世界観の用紙をそれぞれ手渡した。(本文抜粋)
    末永く、よろしくお願いします 二色燕丈
     #蜉蝣
    詳細・返信(0)

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.