メクる

累計 15043966 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

しずくのもり忌憚

小説
ファンタジー
オリジナル
2017年07月05日 20:53 更新
16ページ(9803文字)
連載中 | しおり数 2

しずく様、お迎えに参りました。そう言って現れたのは見知らぬ少年で?

雛乃まいん

  • 閲覧数

    110

    1416位

  • マイリスト

    0

    -位

「ほらっしずくっ!これを売って来るんだ。売り終わるまでは帰って来るんじゃないよ!」

「はい……」

しずくは今日も、叔母に命令されて山のような畑の野菜を手にして売りに出掛けます。

(仕方ないんです……)

しずくは誰かを恨んだり妬んだり出来ない性格でした。

(叔母さんはわたしを引き取って下さいました。それだけでも、感謝しなくては……)

そんなある日、しずくの前に不思議な二人が現れます。一人は、見たことも無いくらいに優しげな少年で、しずくを迎えに来たと言います。もう一人は、まるで鏡を見ているかの様にしずくそっくりな少女でした。

二人は一体、何者なのでしょうか?

スキを送る

累計 60 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#しずくのもり忌憚
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(52) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.