メクる

累計 15642890 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

ちんこ台風

短編小説
その他
オリジナル
2016年12月25日 08:35 公開
1ページ(790文字)
完結 | しおり数 0

俺のちんこが飛ばされた。

るうね

表紙提供:by neco
  • 閲覧数

    213

    1091位

  • 評価数

    0

    -位

  • マイリスト

    0

    -位

フォント
文字:--%
行間:--%
 俺のちんこが飛ばされた。


 ちんこがでかいのが俺の自慢だった。女どもを、あへぇあひぃと言わせる太くてかたいちんこ。外人だって、これほどのビッグペニスはなかなかないだろう。
 そんな俺のちんこが、ある日、風で飛ばされた。台風の日、ちょっとコンビニに出かけたら、ひときわ大きな風が吹き、すぽーんとズボンごと飛ばされちまったのだ。俺は必死で追いかけたが、なかなかちんこを捕まえることはできなかった。見ると、他にもちんこを飛ばされた奴がいるらしく、暴風の中、無数のちんこが舞っている。そんな有象無象のちんこに紛れて、俺のちんこは見えなくなってしまった。
 それでも俺は一晩中駆けずり回って、ちんこを探し続けた。ちんこがなくなったら、俺はどう生きていけばいいのだ。
 やがて夜が明ける。
 台風一過、秋晴れの空の下、道路に降り積もった無数のちんこ。俺は、それらを一つ一つ確認していく。と、遠くで人だかりがしていた。見ると、一つのちんこを、男たちが奪い合っているようだ。彼らが奪い合っているちんこを見て、俺は思わず声を上げた。あれは、俺のちんこだ。
「おい、それは俺のちんこだぞ!」
 そう叫んだが、誰も見向きもしない。
「聞こえなかったのか、それは」
「うるさい!」
 殺気だった男たちに、いきなり怒鳴りつけられる。
「これは俺のちんこだ!」
「いいや、俺のだ!」
 なんてことだ。俺のちんこが強奪されそうになっている。
「か、返せ! 俺のちんこ!」
 そう言って飛びかかったが多勢に無勢、俺は叩きのめされ、気を失ってしまった。
 気がつくと、辺りには誰もいない。無数に転がっていたちんこも、全てなくなっていた。いや、たった一つだけ、忘れられたように小さなちんこが転がっている。俺は、のろのろとそのちんこを拾い上げた。自然と涙があふれてくる。
 俺は泣いた。ちんこは皮をかぶっていた。

スキを送る

累計 10 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

るうねさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#ちんこ台風
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(9) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.