メクる

累計 17747161 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

指先から香る

短編小説
恋愛
オリジナル
2017年02月11日 14:40 公開
1ページ(400文字)
完結 | しおり数 0

爪先から色気を感じる。

もも

表紙提供:by コマコ
  • 閲覧数

    220

    1321位

  • 評価数

    0

    2216位

  • マイリスト

    0

    2098位

爪先が綺麗な人って素敵ですよね、って事で。
フォント
文字:--%
行間:--%






爪先が、綺麗だと思った。
資料を持つ指先が、ティーカップの持ち手を支える指先が。
全く飾りっ気のない、ベージュのマニキュアが塗られているだけの爪先なのに、どうしてだろう。どうやっても魅力的で。
指先がティーカップから離れて、唇に触れる。控えめな、自然に近い色合いの口紅が引かれたそれは大人な女性と言うか、色気すら感じれる。
あんまり長い間じっと見つめていたからか、彼女が此方を見て、なに、と言って笑った。
眉の端の端が下がる。仕事熱心な彼女の表情が柔らかくなる瞬間。
唇から離れた爪先を捉えて指を絡めると、もう一度、なに、と言われた。
爪が綺麗だと素直に伝えると、化粧で元々色付いていた頬が化粧のそれとは違う赤色に染まる。照れを誤魔化す様に笑った彼女は、なによ急に、と言った。
綺麗だよ、と囁いて顔を近付けたら、彼女が目を伏せたのが見えた。
なんか、もう。全部が綺麗だ。








スキを送る

累計 10 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

ももさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#指先から香る
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(22) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.