メクる

累計 15869483 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

姫様執事~男装皇女は蜜夜に喘ぐ~

もくじ
レーティングあり
小説
恋愛
TL オリジナル
2017年05月13日 17:51 更新
36ページ(94355文字)
完結 | しおり数 20

執事に憧れるお姫様が、執事見習いをしながら夜は閨事のレッスンを受けて!?

ロジ

  • 閲覧数

    3797

    66位

  • 評価数

    0

    198位

  • マイリスト

    3

    64位

「ああ、どうにかして執事になれないものかしら」

リンデルバウム皇女・リーゼロッテ(15)は執事に憧れていた。
3年前に出会った、辺境のヴォルデン伯爵家に仕える執事・アレクシスの影響だ。
そんな折、強国アイゼンシュタインがリーゼロッテの輿入れを望んでくる。リーゼロッテは花嫁修業と称して猶予をもらい、ヴォルデン伯爵家に「執事見習いの少年」として滞在することになる。

再会したアレクシスはリーゼロッテに告げる。
「執事として使用人をまとめるためには、彼らを性的に充足させる必要がある」と。

女であるリーゼロッテは、メイドたちを満足させることはできない。しかし、男の使用人たちをまとめることはできる。それには、まずリーゼロッテ自身が女の悦びを知るべきだーー。

リーゼロッテは、昼は執事見習いの少年として、夜はアレクシスに女として閨事のレッスンを受けることになるのだった。

※ムーンライトノベルズとアルファポリスとpixivにも載せてます

表紙イラストの原画はこちら

スキを送る

累計 100 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

ロジさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

このつぶやきは「TL」に分類されます

#姫様執事~男装皇女は蜜夜に喘ぐ~
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(6) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.