メクる

累計 15384812 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

梅雨の恋

短編小説
恋愛
オリジナル
2017年06月19日 16:48 公開
1ページ(315文字)
完結 | しおり数 0


natsu

  • 閲覧数

    30

    1815位

  • 評価数

    0

    1500位

  • マイリスト

    0

    1333位

フォント
文字:--%
行間:--%


梅雨は嫌いだ
じめじめするし蒸し暑い
今日、朝は晴れていたから傘を持ってこなかったのに、昼過ぎから雨が降ってきてしまった。かばんの底に折りたたみ傘がないか確認するがやはりない。
「はぁ....」
俺はため息をついた
とりあえず下駄箱まで降りて靴を履き替えたりしてみたが止む気配はない
「傘、一緒に入るか?」
そう声をかけてきたのは可愛い女子でもなんでもない、ただ家が近いだけの幼稚園からの腐れ縁。
「さんきゅっ」
そう言って俺はぐいっとそいつの傘の中に入る
「途中コンビニでアイス、奢りな」
「はいはーい」
これでアイス1本なんて安いもんだ
この時がずっと続けばいいのに

たまには梅雨もいいかもしれない
そう思える一瞬だった

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

natsuさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#梅雨の恋
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(3) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.