メクる

累計 17191515 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~

短編小説
ホラー
オリジナル
2017年07月23日 19:31 公開
1ページ(5345文字)
完結 | しおり数 0

鈍感なキミも愛おしい

富梨 羽

  • 閲覧数

    149

    1520位

  • 評価数

    6

    511位

  • マイリスト

    1

    415位

僕は、少しずつキミのテリトリーへ侵入していく。

アイドルのサセンを早くやめて欲しい。


――キミを大切にする恋人は、すぐそばに居るんだよ。


僕の想いに早く気付いて



⋆。˚✩羽っしープレゼン⋆。˚✩
DARK ONLY†韓流ブシャー祭ヾ(。゜▽゜)ノ

ヒボムっしーが書いたユン・テフィ編から読むと、よりいっそう楽しめます♡

ヾ(。゜▽゜)ノこちら♡
나는 사셍입니다~私はサセンです~



■キャラクター原案 富梨 羽

■キャラクターデザイン curry*pao様

※説明通り韓国要素が強いので、嫌悪感がある方は閲覧をお控え下さい。
読むのは自己責任でお願いします。
フォント
文字:--%
行間:--%
僕は好きな子がいる。
 
もうそろそろ、片想いをして1年になるかな。

彼女の名前は、ユン・テフィ。
 
色白で茶髪のロングパーマ。

前髪をカラフルなヘアゴムで結んでいる。

テフィは、明るくてオシャレな女の子だ。

目が大きくて、アイドルに居てもおかしくないほど可愛い。

ナチュラルメイクなのも、僕的に好感度が高い部分かな。

テフィは、B juniorというアイドルグループの大ファンだ。

リーダーのヒニが推しメンらしく、教室では友達とアイドルの話で盛り上がっている。




テフィとは、去年も同じクラスだった。

生物のグループ課題で、僕は彼女と一緒になった。

先生が、どのグループもレベルが平等になるように予め決めていた。

課題は、血液型を研究してグループごとに発表する。

役割分担は、殆ど僕が決めた。

先生は、コミュニケーションも含めてグループ分けをしたんだと思う。

挨拶程度しか会話をした事がないメンバーだった。

リーダーのポジションは苦手だけど、誰かが率先して動かないと課題が進まない。

僕は勇気を出して、意見を出した。

メンバーは『いいんじゃない?』と言って、僕にお任せ状態だった。

人任せで自分で動こうとしないメンバーに、正直イライラした。




でも――テフィは違った。


『ヨン君に頼りっぱなしで、ごめんなさい』

『こんな感じなんだけど、どうかな?』

『このアメ新発売なんだよ! おいしいよ! 食べてみて♪』

『ヨン君が居てくれて良かった!』


キミだけが、僕の努力を認めてくれた。

キミの言葉に僕は救われたし、最後まで頑張れたんだよ。

中学まで、僕は空気のような存在だった。

仲良くなる友達も、自分と似たような地味なタイプばかり。

イジメのターゲットにされる事はなかったけど、平凡な学校生活を過ごしてきた。

初めて人から頼りにされた。

“僕が居てくれて良かった”と感謝されて、嬉しかったんだ。




今まで薄かった僕の存在。

グループ課題がきっかけで、僕は変われた。

例えるなら――

今までの僕は、鉛筆で描かれた下書きの絵。

今の僕は、下書きに色が入って鮮やかになっている。

僕の存在を認めて褒めてくれた子。

テフィを好きになった




彼女と仲良くなりたくて、まずはB juniorを調べた。

5人のアイドルグループ。

韓国では大人気のアイドルで、日本でも活動している。

彼らが研修生の時から、デビューを待ち望んでいたファンも多かった。

苦労してデビューした5人にファン達は喜んだ。

メディアやファンの口コミの影響もあって、B juniorは知名度が高い大人気アイドルグループになった。




ファンが管理している私設ファンクラブに、女の子のふりをして入会した。

テフィと繋がるかもしれないと思ったし、ネットなら緊張せずに喋れると思ったんだ。

ネットでは、偽名を使うのが当たり前だ。

会員数が多い私設ファンクラブをピックアップして、僕は登録をしていった。

Aサイトでは、マンネ(末っ子・最年少)で可愛いと言われているスウォンペン(ファン)

Bサイトでは、ダンスが一番上手くて、高音域な歌声を持つエビジョフペン。

Cサイトでは、人気がヒニと同等なラップ担当のジウナペン。
ファッション雑誌にモデルとして活躍しているし、ソロでも人気がある。

こういった感じで、Dサイトではヨッティーペンになって、Eサイトではヒニペンになった。

慎重になりきって、書き込みを続けた。

小説を作る感覚で、BJペンの女の子キャラクターを何人も作って、僕は“なりきり”を必死に頑張ったんだ。




会員数が多いAサイトで、『もしかして、テフィじゃないか?』という子と話すようになった。

『メンバーカラーのヘアゴムを、ローテーションしているの』

『ヒニオッパ(お兄さん)は青だから、青ばかり集めちゃう♡』


雑談ルームの会話を観察していると、テフィだという確信が強くなった。

教室で聞いた事がある会話と一致したからだ。

テフィかもしれない子は、ヒニカという名前だった。

スウォンペンを演じる僕の名前は、スニャン。
飼っている猫の名前という事にしている。


スニャン≫ヒニカさん、こんばんは。はじめまして!

私も、スーオッパのカラーになっている緑の物を集めていますよ♡

最近は、カエルのシャーペンを衝動的に買ってしまいましたㅋㅋㅋㅋ



ヒニカ≫こんばんは! はじめまして!

スニャンさんは、スーオッパなんですね♪

カエルㅋㅋㅋㅋ 確かに緑ですねㅋㅋㅋㅋ



Aサイトでは16歳にしていたから、ヒニカはすぐに距離を縮めてくれた。

交流用で作ったメールアドレスにメッセージをくれて、SNSのアカウントを教えてくれた。

僕はスニャンでTSUTTAのアカウントを作って、ダイレクトメッセージでテフィとやり取りをするようになった。
 
テフィは通っている学校もすぐに教えてくれて、グッズや手作りの応援グッズの写メを送ってくれた。

僕はペンになったばかりという設定だから、テフィを持ち上げて応援グッズの作り方を教えてもらった。



――ある日の夕方、テフィからダイレクトメッセージが届いた。

ミーナオンニ(お姉さん)から、出待ちをやらない?って誘われたの!

スニャンも一緒に行かない?

KBSのミューバン、BJが出るから今日収録するんだって!

私は、観覧の抽選に落ちちゃったよㅠㅠ

ユピが当たったんだって!

だから、情報を私に教えてくれたんだ♪

スーオッパに会いたいでしょう?

一緒にお疲れ様って言おうよ!

スニャンに会いたいし、おいで(* '-')ノ



このメッセージを見た時、僕は嫌な予感がした。

テフィはサセンなりそうな気がして、心配になったんだ。

僕の嫌な予感は的中してしまった。

テフィは学校をサボるようになって、BJの追っかけが日常茶飯事になっていた。



サセンは韓国のアイドルグループにとって、深刻な問題になっている。

事務所、宿舎の玄関での出待ちは当たり前。

空港での出待ち。

過激なファンは、アイドルが乗る飛行機を調べて一緒に乗り、アイドルが休憩している姿を盗撮する。

サセンをカモにしている追っかけ専用タクシーを利用して、アイドルを追撃する。

アイドルに近づくために、意図的に接触事故をするサセンもいる。
 
サセンペンは、地方やイベントに参加する為に多額のお金が掛かる。

サセンペンは中学生や高校生、20代の女の子達が多い。

学生のサセンは、一ヶ月の小遣いなんてすぐになくなるだろう。

サイン会のCDは約2000円。
何回もサイン会があると、数万円はすぐになくなる。

グッズで数万、追っかけのタクシーで数万、月に10万は軽くいってしまう。

お金を得る為に、外国人やペンの子達をカツアゲしたりする奴。
 
犯罪行為に手を染めたり、援助交際をする奴もいる。

学校をやめて、アルバイトをしたり人生をアイドルに捧げてしまう子も多い。

朝から深夜までアイドルを追いかける為に、学校を休む生徒も結構いるそうだ。




このままだと、テフィの人生が狂ってしまう。

僕が助けてあげよう。

僕しかテフィを救えない。

“なりきり”を頑張ったおかげで、テフィ以外からBJの情報は入る。

僕はテフィが行く場所を把握すると待ち伏せして、偶然を装って彼女と接触した。

勇気を振り絞って声を掛けたのに――
 
テフィの中で、僕は知らない人だった

……ショックだ。

キミが熱狂的なヒニペンだから、髪型を真似したんだよ。

黒髪から金髪になって、クラスメートからも評判が良くなったのにな。

グループ課題だった血液型の研究、放課後一緒に残って頑張ったじゃないか。

何故、忘れたの?

……とても悲しいよ。

ああ、なるほど。

僕との思い出を忘れるのは、ヒニのせいか。

ヒニの事ばかり考えているから、僕の事を忘れてしまうんだね。

一刻も早く、ヒニの事なんてどうでもよくさせないといけないな。

テフィが過激なサセンペンになってしまう前に、普通の女の子に戻そう。

僕が止めてあげるからね。

キミが危険な行動を取ったら、僕が助けてあげる。

安心していいよ。

僕 は キ ミ の そ ば に 必 ず 居 る か ら




守ってあげようとしているのに、テフィは怯えた瞳で僕を見るようになった。

TSUTTAのダイレクトメッセージで、『気持ち悪いクラスメートがいるの。
 私のストーカーかもしれないのよ』
という相談が届いた。

ふ ざ け る な 。
 
馬鹿にしているのか?

イライラするけど、冷静に返信をした。

どうして、僕がストーカーなんだよっ!?

違うだろっ!?

僕は、キミを救う恋人だぞ?

全く……困った子だ。
 
こんなに心配して、愛しているのに気付いてない。

……鈍感なキミも可愛いよ




親がうるさいから、明日は学校へ行って来るㅠㅠ
テフィからDMが届いた。

スニャンは、聞き上手で優しい子という設定だ。

彼女の愚痴を聞いて、励ましてあげた。

テフィにノートを見せてと言われたら、ついでに勉強を教えてあげようかな。

ねえ、テフィ。僕って優しい彼氏だろ?

ああ、そうだ。

追っかけは程々にって、注意してあげよう。

高校をやめる事になったら、ご両親もテフィも困るからね。

テフィは、暗い表情で教室へ入って来た。
 
仲良しグループに話し掛けても、素っ気ない態度を取られている。

どうしたんだろう? ケンカでもしたのかな?
 
テフィが心細くなっていると察知した僕は、優しく声を掛けた。



「テフィ、おはよー! 久しぶりだね!」


「……気安く声を掛けて来ないでよ。
 ねえ、皆聞いて! ユンチャンね、私のストーカーなのよ!!
 私、怖いのっ! だってね、私が行く所に必ず居るのよ! 変じゃないっ!?」


「……ストーカーは、アンタじゃん。サセンペン

「えっ……? ハノル、今……何て……」

「つーかさ、アンタ都合よすぎー!!
 うちらから離れて、ペンカフェの子や私設ペンの子と仲良くしてるくせに!
 学校でボッチになるのが嫌だからって、友達ヅラすんのやめてもらえる?」

「だって……! 仕方ないじゃない! ネットのお友達の方が話が合うし……!
 でも、ハノル達を嫌いになった訳じゃないのよ!
 ……私も忙しくて、なかなか遊べる日がなかったのよ!」




「別にアンタと遊ぶつもりはないんでー。
 どうぞ、BJのサセンに夢中になってくださーい。
 ユンチャン、ほっときなよ。
 先生に頼まれたからって、テフィに優しくしなくていいよー」

「えっ……? 先生に頼まれた……?
 どういう事……? 本当なの? ユンチャン……」


「お前はサボってるから、知らねーだろうけどー。
 委員長だったウハン、親が離婚して転校したんだよ。
 でー、皆がユンチャンを推薦して委員長になったんだよ

「つまりー、先生がユンチャンにテフィの探りを頼んだんだよ。
 ユンチャンは、うちらやアイドルペンの子に色々聞いて、アンタが事件に巻き込まれたりしてないか調べてくれてたの!」

 「ストーカー呼ばわりって、ヒデーな!
 ストーカーは、お前だろ! サセンペン!
 ……ユンチャンに謝れよ!




「違っ……! 私は、サセンペンじゃないもんっ!
 ヒニオッパに顔を覚えて貰ったから、会いに行ってるだけよ!
 ヒニオッパも、迷惑なんて思っていないわ!
 私とヒニオッパは、顔見知りで仲良しなんだからっ!!


テフィが叫ぶと、皆から暴言が飛んだ。

可哀想なテフィ……。

僕を悪く言うから、こうなるんだよ。

キミが学校へ来ない間、僕は変わった。

皆から慕われて、頼られる存在になったんだ。

テフィ、そろそろ目を覚まそうか?

僕はストーカーじゃない。

キミに相応しい彼氏なんだよ。

僕だけが、キミを理解してあげられる。

クラスで、キミの居場所はなくなってしまった。
 
皆、キミの事を迷惑な子と見ているんだよ。

キミを助けてあげられるのは――――

僕だけっていう事を、今から教えてあげるよ。




「皆……テフィを責めないでくれよ。
 彼女は、アイドルに夢中になりすぎただけなんだ。
 事件に巻き込まれていなくて良かった……!
 ねっ……? 僕は、ストーカーじゃないから安心して?
 先生に報告するから、話を聞かせてくれるかな?」

「……うん、分かった。
 疑って、ごめんね。ユンチャン……」

「…………」


テフィは、唇を噛み締めて僕を睨んだ。

全く、僕の彼女は困った子だ。

……キツイお仕置きが必要かな。

スキを送る

累計 100 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

富梨 羽さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • ヒボム 07月31日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    韓国人男性の性格~~ドラマでもそうだけど。。韓国でも恋愛においては主導権を握る人が多いみたい^^
    ユンチャンくんの場合は最悪だけどね~~wwwお昼に読んだけどゾクゾクしました~~♪
    ラストはどうするのかなってワクワクしていました^^やっぱり羽さんだね!もやっとした~~ww
    でもでも。。綺麗にまとめるより後味が悪いほうが合っていると思いま~~す♪
    ユンチャンくんは美男だけど。。本当にキモイ><美男ならストーカーされてもいいとか絶対に言えな~~いww
    羽さんらしさが沢山つまっていました~~^^*オンニのドロドロな韓国物語を拝読できて嬉しかったです♪
    (ネタバレ)
     #당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~
    詳細・返信(1)
  • 富梨 羽 07月23日
    ※加工やりまくった為ㅋㅋ 終盤、読みにくいかもです:(;゙゚''ω゚''):

    ぶっちゃけると、羽っしーはSSが苦手デスㅋㅋㅋㅋ

    会話で話が進む系にしたかったけど、難しかったなっしー……。

    ヒボムっしーに先攻を担当して貰ったので、後攻の羽っしーがオチまで担当となりました!

    このSSは、他サイトでやってる書き方を使いました☆

    フキダシノベル風にしたくて、頑張ってみたんだが――……|д゚)

    やぱ、メクるんだと厳しいモノがあったㅋㅋ
    でも、やったった感はあるなっしー!!

    「解読班――!!( ゚Д゚)」

    ……とる事はなかろうと思って、ラストまで書いたんだが――

    自分をストーカーだと思っていない男女の話です。

    ……まあ、基本ストーカーする人は自覚梨ですけどね!
    羽っしーが担当したユンチャンは、厄介なストーカー君にしたつもりデス★

    好意的な意味はなかったのに――……。

    優しくした相手から【変な勘違い】をされて、執拗に付きまとまわてしまう……。

    ちょっとした言葉や作った笑顔。

    ご注意ください。

    相手によっては、危険なモノになりますよ……。
     #당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~
    詳細・返信(3)

この作品にイメージレスポンスしています

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(12) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

羽オンニ専用~~*^^* (3)

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

  • ヒボム 07月31日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    韓国人男性の性格~~ドラマでもそうだけど。。韓国でも恋愛においては主導権を握る人が多いみたい^^
    ユンチャンくんの場合は最悪だけどね~~wwwお昼に読んだけどゾクゾクしました~~♪
    ラストはどうするのかなってワクワクしていました^^やっぱり羽さんだね!もやっとした~~ww
    でもでも。。綺麗にまとめるより後味が悪いほうが合っていると思いま~~す♪
    ユンチャンくんは美男だけど。。本当にキモイ><美男ならストーカーされてもいいとか絶対に言えな~~いww
    羽さんらしさが沢山つまっていました~~^^*オンニのドロドロな韓国物語を拝読できて嬉しかったです♪
    (ネタバレ)
     #당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~
    詳細・返信(1)
  • 富梨 羽 07月23日
    ※加工やりまくった為ㅋㅋ 終盤、読みにくいかもです:(;゙゚''ω゚''):

    ぶっちゃけると、羽っしーはSSが苦手デスㅋㅋㅋㅋ

    会話で話が進む系にしたかったけど、難しかったなっしー……。

    ヒボムっしーに先攻を担当して貰ったので、後攻の羽っしーがオチまで担当となりました!

    このSSは、他サイトでやってる書き方を使いました☆

    フキダシノベル風にしたくて、頑張ってみたんだが――……|д゚)

    やぱ、メクるんだと厳しいモノがあったㅋㅋ
    でも、やったった感はあるなっしー!!

    「解読班――!!( ゚Д゚)」

    ……とる事はなかろうと思って、ラストまで書いたんだが――

    自分をストーカーだと思っていない男女の話です。

    ……まあ、基本ストーカーする人は自覚梨ですけどね!
    羽っしーが担当したユンチャンは、厄介なストーカー君にしたつもりデス★

    好意的な意味はなかったのに――……。

    優しくした相手から【変な勘違い】をされて、執拗に付きまとまわてしまう……。

    ちょっとした言葉や作った笑顔。

    ご注意ください。

    相手によっては、危険なモノになりますよ……。
     #당신의 사셍입니다~貴女のサセンです~
    詳細・返信(3)

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.