メクる

累計 16034528 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

筆ト言ノ葉

短編小説
その他
オリジナル
2017年09月21日 23:18 公開
1ページ(333文字)
完結 | しおり数 0


nin-r15

  • 閲覧数

    32

    1929位

  • 評価数

    0

    1544位

  • マイリスト

    0

    1332位

フォント
文字:--%
行間:--%
「なぁあんた、こんなたくさんの管に繋がれて、ずっと生かされて…しあわせかい…」

ひとりの女性が涙を流していた。
仰向けの男性は何か言おうとしている。

( 聞いてあげて。聞こえるから、聞いてあげてよ )

人は歳をとる生き物なのだ。
僕らよりもずっと早く老いていく。
書物でみた妖と人の恋は、置いていかれる妖が悲しそうに泣いていた。けれど人だって順番があって…

死は平等に訪れる。
与えられた時間は平等ではない。

( …彼は伝えられない )

頭より先に動いた体は文字を書き上げ

「……あぁ…」

一枚の紙に想いを連ねる。
文字を追う女性はまた涙を流しす。

最愛の人の傍らで、花が咲いたかのように。

「しあわせ、なんだねぇ」


( とある付喪神の話 )

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

nin-r15さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#筆ト言ノ葉
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(2) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.