メクる

累計 15893785 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら
フォント
文字:--%
行間:--%

一大プロジェクト 【栗】

「社長っ!待ってください!」
俺は食い下がったが、社長は耳を貸さずに退席した。

社運を掛けたプロジェクトが暗礁に乗り上げた。
このままこのプロジェクトがポシャったら会社の存続すら危うくなる。

大事なプロジェクト会議に一技術者でしかない俺の意見は通らなかった。
他の技術者や上司からも懐疑的な言葉しか出てこない。

結局、プロジェクト会議は何も対策案が出ずに終わった。

会議が終わると、担当常務が声を掛けてきた。
「さっきの話、本当に大丈夫なんだろうな?」
「はい!専門家にも確認出来ています」

常務は少し考えてから答えた。
「俺が社長に話を通してやる
ただし失敗するなよ」

失敗すれば、間違いなくクビが飛ぶ。
上手くいったとしても、手柄は常務のものか…。
それでも会社が無くなれば無職だ。
やるしかない。

火中の栗を拾うようなものだな…。


end
1/338 ページ
しおりを挟む

作品を評価する

master猫さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

スキを送る

累計 7474 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

ミニコメ一覧(4) 一覧

作品表紙


その他

コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.