メクる

累計 17296275 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

よろこびは総て君とともに

この作品を読んだ人は
こんな作品も読んでいます


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

  • 野芝乃でんこ 02月14日
    小説「よろこびは総て君とともに」完結しました。

    約五年交際し互いに溺愛した結果、不自由な片足とすさまじい裏切りが待っていた。誰を恨めばいいのかすらわからない。どうしてあの日々を忘れられるのだ。生まれて初めて、人を殺したいと思った。

    健気受け/記憶喪失俺様攻め/わんこ攻めの三角関係 執着愛ミステリー長編

    長い交際を経た圭吾と幸樹は大学卒業をひかえ、一年後に養子縁組をする予定でいた。
    しかしある日、ふたりは事故に遭ってしまう。
    約一年の昏睡状態から目覚めた圭吾は地獄を見た。不自由となってしまった自らの片足。幸樹は圭吾と交際した期間の記憶を喪失していて、更に、結婚をしていた。
    絶望する圭吾を、長年の友人である猛が支えてくれて――

    スキ、栞、評価をありがとうございます。
    完結しましたので、準備ができたら書き下ろしSSをアップしてゆきたいです~。
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 02月10日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました

    愛しさとは、どんな言葉でも表現しきれない。形にならず、ただ膨れ、溢れ、表に滲む。

    最終章に入りました。次の更新で完結させます。
    スキや栞をありがとうございます。ラストまであと少し、お付き合いいただけると幸いです。
    記憶喪失俺様攻め、わんこ攻め、健気受けの三角関係ミステリーBL
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 02月07日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました。

    やっと自らが取り戻せた。
    ようやく、見つけられた。
    彼が自分の愛する人である、と。

    記憶喪失俺様攻め、わんこ攻め、健気受けの三角関係ミステリーBL。もうすぐ最終章に入ります。スキ、栞をありがとうございます!
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 02月04日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました。

    圭吾が元彼なのでは、という疑惑が、惹かれるこの心を生んでいるのかもしれない。交際していた相手が別人だとしたら――いや、それでもこれだけ気になっているのだから、恋だと言えるのではないだろうか。

    残り10ページで完結となります。最後までお付き合いいただけると幸いです。スキ、栞、評価をありがとうございます~!
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 02月01日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました。
    約五年間の交際。互いに溺愛した結果、不自由な片足とすさまじい裏切りが待っていた。
    誰を恨めばいいのかすらわからない。どうしてあの日々を忘れられるのだ。生まれて初めて、人を殺したいと思った。
    記憶喪失俺様、わんこ系、健気の三角関係。最終章に入りました。

    スキ、評価、栞をありがとうございます。ラストまでお付き合いいただけると嬉しいです( ᷇࿀ ᷆ )
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 01月29日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました。

    神様、と内心で、呪うように何度も呟く。どうしてこんな試練を与えるのだ。どうしてこんな目に何度も遭わせるのだ。地獄へ向かうバスからは降りたと思っていた。もう、底に叩きつけられることはないと。しかしここはどうだ。この、現実がまさに地獄ではないか。

    スキ、評価、栞をありがとうございます。二月中旬までには完結まで公開いたしますので、残りあと少しお付き合いいただけると幸いです。
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 01月23日
    小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました

    「いい。大丈夫、大丈夫だ。俺は……ちゃんと生きなければ。相手に申し訳が立たない。誰なのか……思いだせない、その彼に。今頃どうしているのかわからない、彼に」

    8章に進みました。残りあと2章で完結です
    記憶喪失俺様、わんこ、健気の三角関係
    栞やスキをありがとうございます!
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)
  • 野芝乃でんこ 01月19日
     小説「よろこびは総て君とともに」を更新しました。

     冷水を浴びせられたようだった。幸樹の全身に鳥肌が立つ。時が止まるとは、このことか。幸樹はこそりと深く息を吸った。落ち着け、落ち着け、と自らに何度か言い聞かせる。この男が真実を話しているのかは、わからないのだ。

     スキ、栞、評価をありがとうございます。今月末もしくは来月半ばまでには完結まで公開いたします。
     #よろこびは総て君とともに
    詳細・返信(0)

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.