メクる

累計 15844470 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

SCAPEGOAT

短編小説
オリジナル
2017年11月13日 22:45 公開
1ページ(675文字)
完結 | しおり数 0


虹猫

  • 閲覧数

    22

    1970位

  • 評価数

    0

    1409位

  • マイリスト

    0

    1162位

フォント
文字:--%
行間:--%
人生山あり谷あり…

そんなのは嘘だ


こんなにも辛く、こんなにも苦しいなんて思ってもみなかった

不思議なもので、誰もが「死にたい」と口にしながら「生きて」いる


僕もその中の一人だ


毎日が苦しい
朝が辛い
昼間が悲しい
夜が寂しい


生まれてこの方良いことなんてなかった


だから毎日「死にたい」と思う



夜になると闇が迎えに来るんだ

「早く死ね、早く死ね」って

遠くから死神が囁いてくる
だから丸くなって耳を塞ぐ

それでも誰かの悲鳴が聞こえてくる

そんな日々を繰り返してようやく気付いた


きっと僕は誰かの苦しみを背負って生きているんだ


前世は僕の苦しみを誰かが背負ってくれていて
きっと僕は毎日楽しく笑って生きていた

だから今度は僕が苦しみを背負って生きていて…

ってことは来世はまた僕が楽しく生きる番だ


そう思うと気持ちが少し楽になる

苦しみの為の喜び、喜びの為の苦しみ


これが山あり谷ありって意味なんだ



あぁもうすぐ死神に連れてかれる

幸せに導く死神が僕の首に縄をかけて引っ張っていく


少し怖い
でもこの苦しみが終わると思うと生まれて初めて嬉しいと思えた気がする



大きな五芒星の上に立たされる
死神がたくさんいる


目の前に輝く炎


その炎に包まれながら最後の痛みを感じる

綺麗に火の粉が上がっていくのが見えた


これで僕は幸せになれる
今度こそ



闇の中に生きた僕が次は光の中で蘇りますように


僕のこの最後の痛みが誰かの幸せに繋がりますように







スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

虹猫さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#SCAPEGOAT
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(6) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.