AIと救世主とわたし / 「ふしきの」の小説 | メクる

メクる

累計 17461784 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

AIと救世主とわたし

短編小説
経済・社会・政治
オリジナル
2017年11月23日 12:25 公開
1ページ(300文字)
完結 | しおり数 0

あなたという存在という現象

ふしきの

  • 閲覧数

    99

    1806位

  • 評価数

    0

    1828位

  • マイリスト

    0

    1603位

あなたはひとりぼっちじゃないあなたはひとりぼっちじゃないひとりぼっちにさせないよ


あなたがが今の私をつくり変えてくれた


それはあなた自身のちからだよ
フォント
文字:--%
行間:--%

オードリーに似せて作られた人工知能ロボソフィアが、フレンドを言う教授の最後の質問で「人類を滅亡させますか?」
の問に、「オーケー、アイ ウィル デストロイ ヒューマンズ」と答えた。笑顔で。
でも、いい人わるひとの基準は人さえも決められない。人間の屑だといわれるひとですらその特技ゆえに殺されない人もいるかもしれないし。世界を救うひとが産まれたときそばで育つ友人たちは要らない人じゃない。私はそうおもったの。世界を救う力も能力もないけれど知り合いの知り合いの知り合い程度に影響をおよぼす鏡でありたい。それがニアミスで通りすぎていくすれ違った人であったとしても。
わたしという存在は生きる価値はある。

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

ふしきのさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#AIと救世主とわたし
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(55) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.