メクる

累計 17773899 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

奇妙な同居人

短編小説
ファンタジー
オリジナル
2017年12月24日 21:25 公開
1ページ(1219文字)
完結 | しおり数 0


  • 閲覧数

    91

    1941位

  • 評価数

    0

    1834位

  • マイリスト

    0

    1600位

フォント
文字:--%
行間:--%
家に帰ったら、部屋の真ん中に蛇がいた。
一回見なかったことにした。ドアを閉めた。そうして表札を確認して、鍵、掛かってたよな、と思い返して、もう一度そろっと中を見た。やっぱりそこに蛇はいた。
切り忘れてったホットカーペットの上で、ぬくぬくととぐろを巻いていた。
困惑しながらもダメ元でどこから来たの、と聞いてみたら威嚇された。
ふざけんなこら。勝手に人ん家上がって暖とってるくせに何様じゃこら。イラっとしたのでそう言うと蛇は大人しくなった。この蛇賢い気がする。
この寒空の下、追い出すのも気が引ける。というかどうやって追い出していいのかも分からない。触れる気がしない。
とりあえず部屋にあった発泡スチロールに適当なタオルを敷いて、底の隅に穴を開けて、入ってくれんかと言ってみた。蛇は箱を一瞥するが入る様子はない。
そこを何とか、追い出しはしないからさぁと畳みかけてみると渋々というように蛇は穴から入っていった。本当賢いなこいつ。何で意思の疎通できてんの。
謎極まりないがまぁいいかとそっとしておく。というかどこから来たんだ本当。
住んでいる地名と蛇で検索してみたら色々ひっかかった。画像と照らし合わせて見ると、この蛇はアオダイショウらしい。めっちゃポピュラー。
ということは近所から逃げ出したとかそういうわけでもなさそうだ?いやこれだけ人語を解すならどこかで飼われてたのでは?
どこから来たの、と再度問うが蛇はくぁ、と口を開けるだけ。え、蛇ってあくびすんの?
ウチでは飼えないよ。何故なら面倒を見れる気がしないから。大体何食べるの君。そう言うと蛇はしゅるりと穴から出てきた。えっ。
そうしてするするとどこかへ向かう。どこに行くのかいやもしかしたら諦めたのでは。思ってついて行くと台所に来た。いや人間様の食い物はやれんぞ。
しかし蛇はしゅるしゅると這い、冷蔵庫の裏の方へと行く。ん?そのまま様子を伺う。
じっとしているとかたかたと小さな音が聞こえた。何だ?首を傾げつつ待つ。小さな音はかりかり、と妙な音に変わった。あれこの音聞いたことあるな。そうだ確か実家でネズミが出て困ってた時期にって待ってこの部屋ネズミ出るの?マンションなのに?
ネズミ捕るもの何か買って来ないと。
……そういえば、とさっき蛇についてググってた時の情報を思い出す。アオダイショウの生息域は広く、ネズミなどを食べる為に人家の方へ来ることもあるとか何とか。
もしかして。
さらに待つとかりかりという音はジュッという音になり、何も聞こえなくなった。少しして蛇が出てくる。その腹、というか首?は何だか膨らんでいる。
そうしてまるで「餌は自分で捕ってくるさ」というようにこちらを見て、またあの発泡スチロールへ戻っていった。
いや何かがおかしいだろうこれ。ていうかあの蛇何者。
とりあえず今分かることは、この蛇と同居を余儀なくされたらしい、ということだけだった。






終.

スキを送る

累計 1 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#奇妙な同居人
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(11) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.