メクる

累計 18010593 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら
フォント
文字:--%
行間:--%

狩野「しかし、これで隼人君達が手を引くでしょうか?」
高槻「それはわからん本人達次第だ。だが、このままでは彼らはあまりに危険だ。彼らはあくまでも一般人に過ぎない、我々警察が彼らを守らねばな。」
狩野「はい。」
高槻「サンドラ捜査官。我々は引き続きその組織の対策を練りましょう。」
ポール「はい。」
隼人が帰った後も話し合いは続いた。

その夜、由香もバイトから帰り全員集まった。

由香「ただいまー。」
弘也「お帰り。」
隼人「お帰り、なぁ、話があるから二人とも聞いてくれ。」
1/151 ページ
しおりを挟む

作品を評価する

GEEDさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

スキを送る

累計 61 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

ミニコメ一覧(0)

このページにミニコメはありません

作品表紙


その他

コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.