メクる

累計 17025548 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

君は柩で眠る、純白のドレスを身に纏い。

短編小説
ホラー
オリジナル
2018年04月10日 21:29 公開
1ページ(475文字)
完結 | しおり数 0


鷺原 善

  • 閲覧数

    37

    2103位

  • 評価数

    0

    1511位

  • マイリスト

    0

    1248位

フォント
文字:--%
行間:--%
 彼女は若くして、この世から消えた。

 彼女の願いは、純白のドレスを来て洋風の柩に眠ることだった。

 その姿は、とても美しかった。

 白く整えられた陶器のような肌と、血のような紅を唇に乗せられた、その顔はまるで蠟人形のようだった。

 このまま、葬ってしまうのは惜しいくらいに。

 だから、私はこの美しい彼女を盗むことにした。

 その命の燭が消え去ろうとも、私が彼女を永遠に愛そう。

 愛して、愛して、愛して、愛して。

 少しずつ腐蝕してゆく、その愛しき姿さえも私は愛してやまない。

 時が経ち、彼女は肉を喪い骨になる。

 その骨の一本一本を私は愛でる。

 噛み砕いて、咀嚼して、飲み込んで、私の血肉に堕ちて。溶けてゆく。

 滲み出すのは、恍惚。

 彼女が生を受け、この世に堕ちてから。

 そして、滅びるまで。

 何を感じ、何を思い、何を見て、何を聴いた。

 悪魔の囁きに耳を傾け、死に魅せられた彼女を私は愚かしいと罵りながら。

 その全てを貪り続ける。

 そして、私が朽ちるときまで。

 私は彼女を愛し続ける。

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

鷺原 善さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#君は柩で眠る、純白のドレスを身に纏い。
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(2) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.