メクる

累計 17753612 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

風魔忍者 月影

もくじ
レーティングあり
小説
アクション・バトル
二次創作
2018年04月11日 23:51 公開
3ページ(14089文字)
連載中 | しおり数 0

闇の忍術を用いて恐ろしい妖怪達と戦うスーパー忍者アクションバトルストーリー

amedama

  • 閲覧数

    0

    2541位

  • 評価数

    0

    1701位

  • マイリスト

    0

    1438位

将軍徳川家康の時代、戦国時代が終わり平和が訪れたかと思われたが恐ろしき妖怪達の出現で国が支配されようとしていた。

一人の忍者が妖怪に対抗すべく闇の忍術を開発。
それを闇の忍術書としてまとめる。

闇の忍術を用いれば凄まじい闇の力を操れ恐ろしい妖怪達とも互角以上に渡り合える。
ただし闇の忍術は己の命を闇に喰わせなければならない。
術者は最後には妖怪となってしまうため命がなくなる前に自決しなければならない。

闇の忍術を操る者の周囲には闇が漂っていたため彼らは「闇をまといし者」と呼ばれた。

彼らの命懸けの戦いの末、妖怪達を退治することに成功。
江戸には再び平和が訪れた。

しかしそれも長くは続かず、闇の忍術を悪用する者が出てきた。
そして自決することなくそのまま妖怪となり大暴れするケースが頻出したため
家康は闇の忍術書をすべて燃やすように命じる。


時は流れ、徳川家光の時代。

幼なじみの花央を目の前で妖怪に喰われた風魔忍者の月影刃は復讐を誓い禁断の力を求めて闇の世界へと入る。そこで封印されていた闇の忍術書を手に入れる。

風魔は徳川に滅ぼされた過去を持ち、月影は徳川にも復讐を考えていたが、あるとき殺された花央にそっくりな徳川陽姫に出会ってしまう。

陽姫は妖怪に狙われており救えるのは闇をまといし者のみ。

しかしそれをやれば命は確実に削られていく。花央の復讐も叶わないかも知れない。

これは陽姫を守る為に命を賭けて妖怪達と壮絶な、そして儚く散る悲劇の戦いを繰り広げていく一人の忍びの物語…。
















スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

amedamaさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

このつぶやきは「一般」に分類されます

#風魔忍者 月影
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • amedama 04月11日
    小説「風魔忍者 月影」を公開しました!

    将来的にコミカライズを考えていますが(下手ですが絵も描けますので…)
    画力的な問題があったり(汗)、作品構成(三幕構成とか?)の勉強として小説形式で作ってみることにしました。

    足りない所が多々あるかと思いますが宜しくお願いします~(*^_^*)。
     #風魔忍者 月影
    詳細・返信(0)

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(1) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

  • amedama 04月11日
    小説「風魔忍者 月影」を公開しました!

    将来的にコミカライズを考えていますが(下手ですが絵も描けますので…)
    画力的な問題があったり(汗)、作品構成(三幕構成とか?)の勉強として小説形式で作ってみることにしました。

    足りない所が多々あるかと思いますが宜しくお願いします~(*^_^*)。
     #風魔忍者 月影
    詳細・返信(0)

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.