白き竜の語り部 / 「河野 る宇」の小説 | メクる

メクる

累計 17448674 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら
フォント
文字:--%
行間:--%

*邂逅-かいこう-

 
 我は智の竜と呼ばれておる。

 長らく生きてはいるが、人間には興味が尽きぬ。

 これほどに感情豊かな種族はそうないであろう。

 我の真白い体と翼を見れば、恐れる者や崇める者、食わないでくれと懇願する者と様々だ。

 それは仕方なきこと。

 ドラゴンはこれまで、数々の悪行を成してきた。

 例え、我のように人に害を与えないドラゴンだとしても、彼らには等しくドラゴンなのだ。

 人間とドラゴンが闘ってきたように、古の種族たちもドラゴン族とはときに闘い、ときに利用してきた。

 しかれど、長き年月のなかで友となりし者もいた。

 その多くの死を我は見てきた。

 短命である人間を友とする我の選択が間違っているのやもしれぬが、彼らにはどうにも惹きつけられてしまう。


1/46 ページ
しおりを挟む

作品を評価する

河野 る宇さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

ミニコメ一覧(0)

このページにミニコメはありません

作品表紙


その他

コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.