メクる

累計 17741426 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

猫が居た場所

短編小説
ファンタジー
オリジナル
2018年05月11日 18:01 公開
1ページ(729文字)
完結 | しおり数 0


kiond

  • 閲覧数

    81

    1977位

  • 評価数

    0

    1679位

  • マイリスト

    0

    1407位

フォント
文字:--%
行間:--%
- [ ] 猫が居た場所

以前住んでいた所で、ある夜猫の集会を見た。

何時も夫と一緒に、猫の首輪を付けリードもしっかりと繋ぐ。

住んでいたアパートの西隣には田圃がまだ残っていた。

夏になると蛙やミミズの鳴き声の大合唱。
私も猫達も初めての体験。

そんな夜八時頃にその日私は何時も通り夫と猫の散歩の時間の身支度を整え、玄関のドアを開けた。

この時の猫達は目がイキイキし出す。
キョロキョロとそこら辺をしっかりとした目で周りを見ながら歩いてまわる。

一体が暗いから人間には見えにくいが、田圃の先には同じように野良猫が何処からか現れてこちらを見ている。

うちの猫は既に気付いている。猫が田圃の中迄入る。
私は慌てて猫の体を抱っこする。

猫は暫くそこらの匂いを嗅ぎ出す。
何処かの家の猫が、野良猫や他は犬達の匂いがするのだろう。
もう一生懸命だ。

ある日の夜も匂いを嗅ぎながら、その日は違う道に向かい歩き出した。
道に生えている、食べれる草を食べながら、暗い違う道に入る。

そこには十匹ずつ居ただろうか。暗闇の道に猫の集団だ。
うちの猫がそこに行きたがり私も思わず一歩歩いた途端、さっーと猫達が暗闇の中に消えて行く。

家の建つ狭い間や、近くに建つアパートの中に入って行った。
この近所の猫達だろう。

確かに集会だった。

猫が先に行きたがったので私は咄嗟に近場で同じように散歩して居た夫に集会の話をした。

夫が一言、「あるんだよなぁー。こういうの、あるんだよ、本当に。」

そして私達はアパートの部屋に戻る。

その後もあの集会の場所に何回も行くのだが、猫達の集まっている光景は見ることはできなかった。

それはある夏の夜の出来事だった。

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

kiondさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#猫が居た場所
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(28) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.