メクる

累計 17751509 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

恋文とキスの日 2018

短編小説
恋愛
BL オリジナル
2018年05月23日 18:52 公開
1ページ(3634文字)
完結 | しおり数 0

恋文とキスの日  2018年版です。

まこと

表紙提供:by ck2
  • 閲覧数

    382

    694位

  • 評価数

    55

    170位

  • マイリスト

    5

    219位

私の家族はちょっと特殊。
そんな中、じいじが病気で引っ越すことになった。
けれど『あれ』を持たずに引っ越すのは嫌なのだと、じいじが言うのだ。


**********

今年もやってまいりました、恋文とキスの日!
いつまで続くのこの企画!

いい加減ネタも切れてきたよぅ。
ってことで、今回はちょっと変則的なお話。

楽しんでいただければ、幸いです。
フォント
文字:--%
行間:--%
あのね、ないしょのお話。
ないしょよ。
みやちゃんねぇ、おうちのみんなが、だいすきなの。
みやちゃんのおうちね、おじいちゃまと、じいじと、おとーさんと、おかーさんが、いるのね。
みんな、大好きなの。

それでね、もうすぐ、みやちゃん、おねーちゃんになるの。
おとーさんとおかーさんが、いっぱい仲良しで、好き好き~って、チュッチュしたからなんだって。
おじいちゃまとじいじも、仲良しで、今でもいっぱいチュッチュしてるの。
だからきっと、おとーさんとおかーさんと、さきちゃんとひろくんとしげにいちゃんが、おうちにきたのね。
でも、みやちゃんが、おじいちゃまとチュッチュしても、じいじとチュッチュしても、おとーさんとしても、おかーさんとしても、おうちに子どもはふえないんだって。
知ってた?
こどもだからねって、おかーさんがいってた。
こどもって、つまんない。
けど、だれもこないから、みやちゃんがみんなを一人じめできるのよ。
でもおねーちゃんだから、ね。
新しくおうちにくる子には、やさしくしてあげるのよ。


「じゃあね、お返しに、じいじの内緒、教えてあげよう」
「なあに?」
「じいじはね、秘密の場所に宝物を隠してます」
「ええ! すごい! すごいね、じいじ! それどこ? どんなたからもの?」
「うーん、そこまで教えなくちゃだめ?」
「おしえて! じいじ、だーいすき!」
「あー、もう、みやこは可愛いなぁ! じゃあ、場所だけね。教えるけど、誰にも内緒な」
「うん!」







小さいときには、自分の家族が当たり前だって思っていた。
そういうもんでしょ。
長じて、特殊な環境にいたんだって知った。

うちの両親、それぞれに親がいない。
だから里親っていうの? そういう制度で一緒に育って、好き同士になって結婚したそうだ。
里親家庭はすごく仲のいい家で、大家族。
でも、女親なしの、おじいちゃまとじいじの、男同士のカップルの家庭。
だからこそ、里親になろうと思ったんだ、っておじいちゃまがいっていた。

おじいちゃまは、この集落と近辺で頼りにされてる、診療所のお医者さま。
じいじは、自分で自分を『器用貧乏』といっているくらい、器用に何でもこなす人だけど、特に何の仕事についている気配はなかった。
家のことをして、診療所の手伝いをして、集落の人からの頼まれ仕事をして、家で塾みたいな仕事もしてた。
父は里子の中で唯一、医者になった跡取り息子。
母は男所帯の中で、蝶よ花よと育てられた紅一点。
たいていのことは、からからと笑ってやり過ごしているようなおおらかな人だけど、それはホントに箱入り娘だからと思う。
母を惚れさせて面倒をみて、今でも「好き」といわせている父を尊敬してしまうくらい、厳重に梱包されてここまで育ってきた人。
そして。
三人の伯父――っていっていいと思う、両親と一緒に育った里子さんたち――は、それぞれに好きなことを仕事にして、近くで独立してる。
近所だから、ホントにしょっちゅう誰かが家に来ている感じ。
私の弟も、二年前に大学生になったけれど、休みのたびに帰ってくる。
かくいう私も、就職してここから車で一時間ほどのところに住んでいるけれど、ことあるごとに帰ってきてしまう。

それくらい、おじいちゃまとじいじの近くは、気持ちがいいのだ。

でも、残念ながら時間は流れるもので、私は大人になった分、家族たちは歳をとる。
顕著になったのはじいじ。
脳の病気が発覚した。
どんどんと進んでいく健忘症。
おじいちゃまは、じいじがまだ元気なうちに、と完全なる引退とケアハウスへの移住を決めた。
その準備に追われる中で、母が途方に暮れて私に電話してきたのが、昨日のこと。

「だからね、おとうさん。引っ越しは納得してくれたじゃない」
「うん……でもさあ、あれがないと、過ごせないんだよ。あれだけは手元に置いておきたいんだ」
「んー、でも、それがわからないんだよね?」
「困ったよねえ……」

おじいちゃまとじいじの荷物をまとめながら、さっきからずっと繰り返されているのが、この会話。
私は持っていく予定のいくつかの食器を、梱包しながらそれを見守る。

「困っちゃうわよねえ。何かわかんないのに、それがないと引っ越しできないなんて」
「ごめんねえ」

途方に暮れたようにしょぼくれるじいじは、かわいい。
でも、悲しい。
それでも仕方のないことだから、私はじいじの相手を母に任せて、手を動かし続ける。
実家は残る。
父と母が住み続ける。
あれだけ人がいた容れ物に、二人きりになるのはどんな気持ちだろうと思うと、さみしい。
この家は、いつも賑やかだったから。
多分、一番人が少なかったのは、弟が生まれるときじゃないかなと思う。

「あ」

それで思い出した。
私は作業をほっぽり出して、じいじの前に膝をつく。

「なに、みやこ」
「じいじ、ないと困るものって、じいじの宝物?」

母の質問を無視して、じいじの返事を待つ。
首をかしげて少し考えていたじいじは、ゆっくりとうなずいた。

「うん、多分」
「じゃ、ちょっと待ってて、探してくる」

ずっと小さいころに、じいじと内緒の話をした。
内緒話じゃなくて、『内緒』の話。
誰にもいっちゃいけない宝物のことを、じいじは私に教えてくれた。
屋根裏にある収納の、圧縮した布団とみんなのアルバムが置いてある棚の、一番奥の奥。
『みんなが好きなものの箱の中に、みんなが苦手な缶があってね。その中に入ってるんだ。でも、屋根裏は危ないから、見せないよ』
くふふ、と笑ったじいじを覚えている。
内緒だもんね~、と、笑って私とオデコをあわせた。

二階に上がって、廊下の天井を下ろす。
折り畳みの作り付け梯子を下ろして、ギシギシいわせながら屋根裏に足を踏み入れた。
みんなが好きなものの箱……っていうのは、多分これだ、有田ミカンの箱。
棚の奥にあるそれを、ずるずると引きずり出す。
なに入ってるんだろう、予想より重いよ?
梯子の近くに引っ張っていって、ふたを開けたら、中は束になった書類と写真がほとんどだった。
手にとって中を見たら、それは、じいじにとっての子どもたちとの、出会いの書類や折々の写真。
紛れ込んだように、小さな缶。
アルコール入りのボンボン。
確かに、うちの家族はアルコールボンボンがあまり好きではなかったから、これだと思う。

「みやこー、あったー?」

蓋を取りかけて、ためらってしまった。
ホントに私が開けていいのかな。

「あったけど、重くて下せないから、おじいちゃま呼んで」
「わかったー」








「あ!」

父とおじいちゃまで下ろした箱を見て、じいじは顔を輝かせた。

「これ?」
「……の、ような気がする?」
「なぜに疑問形……」

箱を開けて、中身を見てもあまりピンとした感じがないようで、私は少しがっかりした。
じいじが宝物といっていたから、これだと思ったのに。
束を一つ一つ取り出して、キャッキャと声を上げているのは、両親の方。

「よくとってたね。さすがおとうさん」
「親父さまじゃないとこがミソだよね」
「お前ら親に向かって失礼だな」
「親父さまは、本人を大事にしてくれるって褒めてるんだよ」
「おとうさんは記憶も記録も全部だけどね」

最後に残ったのは、あの、ボンボンの缶。
じいじはそっと手に取って、開けた。
中にあったのは、証明書と写真と、ハガキ?
見た瞬間に、じいじはほろほろと涙を流しはじめた。
なにもいわずに、ただ、ほろほろと。

「え、おとうさん?」
「じいじ? どうしたの?」
「宏尚?」

慌てたように、おじいちゃまがじいじを抱きしめて、その背を撫でさする。
じいじは、小さい子がむずかるように、おじいちゃまに抱きついてしまった。
当たり前のように抱き止めて、おじいちゃまはじいじが気のすむようにしてあげる。
時々、小さくキスをして、声をかけて、抱きしめて、なだめる。

「あらまあ」

楽しそうに母が声をあげて、父に小突かれて、二人はそっと場を離れた。
落とされた缶を拾って、中を見る。
証明書は、二人の結婚証明書……みたいなものかな。
写真は多分、結婚記念の写真なんだろう。
正装をした二人が、照れくさそうにキスをしている。
そして、ハガキだと思ったのはペロンとめくるタイプのもので、中には判別が難しいような雑な字が書きなぐってあった。
おじいちゃま、昔から悪筆だったんだね。
うん。
判別するのはやめてあげる。
だってこれ、多分、おじいちゃまからじいじへのラブレター。

そろえておじいちゃまに差し出す。
それから、部屋を離れる。
ドアを閉めるときに二人を見たら、そっと、唇を合わせていた。




キレイなキレイな、キスシーンだと思った。


<END>

スキを送る

累計 1020 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

まことさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

作品シリーズ

この作品につぶやく

このつぶやきは「BL」に分類されます

#恋文とキスの日 2018
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(50) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

FAV(完結) (55)
お気に入り (103)

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.