メクる

累計 17605862 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

東海道五十三次

短編小説
歴史
オリジナル
2018年05月31日 19:58 公開
1ページ(497文字)
完結 | しおり数 0


kiond

  • 閲覧数

    62

    2054位

  • 評価数

    0

    1621位

  • マイリスト

    0

    1341位

フォント
文字:--%
行間:--%
東海道五十三次

中部地方にはこの舞台になった場所がある。
江尻、興津、由井、蒲原、我はこの近くに住み、他の二ヶ所には両親が生まれ育った場所がそれにあたる。由井は今では由比と書く。

ここは歌川広重が由井の峠の上から望み、描いた地がある。
とても景色が良く現在でも写真に撮られる富士山駿河湾を一望できる場所だ。
この地は、父親の実家の近くでもある。
蒲原には、母親の実家の近くが舞台になっている。

江戸時代には、この蒲原の地も雪が積もっていた。
昔は国道一号線の有る場所は海だったらしい。
父親の実家の前もすぐ海があったし、母親の実家の近くにも国道一号線のあった場所には松林が海沿いにあったと言う。昔は夜になると松林の方は真っ暗で、外にお風呂があり、怖かったと母親から聞いた。

この地はとても風光明媚な場所。広重は富士山や駿河湾を皆と同じように、気持ち良く景色がなんて良いのだろうと思ったと。

この地域に住む我はここに育ち皆でもっとPRしても良いのではないかと思う。
そしてこの東海道五十三次は京都迄繋がっていた。
知っていたが江戸時代は歩きで本当に歩きは凄すぎで。

歌川広重万歳だ。

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

kiondさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#東海道五十三次
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(26) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.