メクる

累計 17925949 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

押切橋 (オシキリバシ)

短編小説
その他
オリジナル
2018年06月28日 19:25 公開
1ページ(1625文字)
完結 | しおり数 0


vrymtl

  • 閲覧数

    58

    2267位

  • 評価数

    3

    961位

  • マイリスト

    1

    373位

フォント
文字:--%
行間:--%





たまに遠回りして此処を通る‥
幼少期に育った場所へ。

道幅は相変わらず、昔より車の量があるから何時も渋滞している信号待ち。

小さな川と大きな川が合流する所は、押切橋と言っていた。その橋の隣に駄菓子屋があったのを覚えている‥
よく此処へ来たから。

財布なんて持てないくらい小さかった時、百円玉を握りしめてワッパが取れてない自転車で買いに来た。
飽きてしまうとトボトボと田んぼが周りにあったから寄り道しながら歩いて来ていた‥

川沿いの道の直ぐ土手は、草ボーボーで未だ区画整理されてなかった頃、
道の色は直ぐ舗装されて同じだったけど、土手の草は季節ごとに色を変えて寒い頃は全く無かった。
土肌が見え、昆虫も冬眠してるだろうと思える、陽の光だけの暖かさで石ころが光ってた。

自転車でも歩きでも汗ばむ時は、道と並んで緑の壁になっていた。

昆虫好きのやんちゃな頃、興味はあるけど茂っていたから蛇が怖くて近寄れなかった。たまに、雑草の先にショウリョウバッタを見つけて捕まえて、顔をジッと観察する‥
三角形の頭がとても不思議な生き物だった。こいつも、季節ごとに体の色を変えて居る、涼しい頃は枯草色‥
カメレオンみたいな昆虫だった。

道を挟んで田んぼが広がっていた‥
今は家だらけ‥昔と全然違う。

田植えをして暫くしてから、生き物が沢山いた。よく見かけたのはカエルの卵とオタマジャクシ‥
好奇心でよく掬った、ヌルヌルと感触が悪いけどとても可愛く思えた。
タニシやカラス貝、ジッと見てると動いてる。滅多に入らないけど、丁度田んぼの端に空き地が有って、地域のバレーボール大会だとそこで近所の人たちが集まり練習をする。球拾いを快く務めるけど、田んぼにボールが落っこちると‥それ行け!と、歳が同じくらいの子どもが一斉に拾いに行く。

ところが、球を拾うついでにお土産も付いてくる‥ヒルだ。
これが、不思議な痛さで遊んで怪我した痛さとは違って、気が付けば切れた様に出血する。後からジンジンきて痛さと怖さで親にすがる。親は笑いながら救急箱から絆創膏を取り出し貼ってくれた。

稲刈りも終わって、水も抜け干上がる
と自然に出来た柔らかいグラウンドに変わる。いつも寒い時だから、白い息をゼーゼー出しながら駆け回っていた。お正月には必ず凧上げして躓き、転びながら駆けていた。

稲の刈り残った束をザクッザクッと踏み歩くのも好きだった。年中通して、田植えから稲刈り、土おこしまでの過程を何となく見ていたから、何をして良くて、何が悪いことかは誰にも教えてもらわなくてもわかっていた。

今思えば不思議な自然の授業になるかな‥

そんな橋の側、駄菓子屋の建物はもう無い‥10年前までは未だ頑張って建っていたけれど。周辺にも蕎麦屋はあったけどガソリンスタンドが出来たり、コンビニや酒屋があったりする。

少し前、ここのガソリンスタンドに寄ってセルフで入れながら、ちょっと遠目でこの橋を見回した‥とても小さくなって居る‥いや、自分が成長したんだなと、そう思うとその帰り道は少し寂しくなっていた‥。

道幅もとても狭く感じて、昔の此処を知ってるから、今は自分がガリバーになった様で、昔の此処の風景はもう無かった。

頭の中の記憶だけの場所になっていた‥。

懐かしく思って、駄菓子屋の跡地に車を停めて外を出て歩いて見ようとしたが、いきなりの突風が吹く。

陽射しが強くて帽子を被るか被らないかで手を離したら、風に攫われ大きな方の川へ落ちてしまった‥ところが、
慌てることなく立ち竦む。

動きが止まって‥暫くしてからそのまま車に乗り込んだ。

心の声で‥
"久しぶり、置き土産だよ‥"
‥と言って押切橋を後にした。

立ち竦んで居る間、昔みたいに此処の空気と風とで一体になれた気がした‥一瞬だけど、昔の自分になれたと思った‥。




終わり


スキを送る

累計 10 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

vrymtlさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#押切橋 (オシキリバシ)
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(81) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

先輩方の作品集 (14)

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.