メクる

累計 17631153 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

水葬、朝陽の空白

短編小説
純文学
オリジナル
2018年07月02日 05:30 公開
1ページ(895文字)
完結 | しおり数 0

泣き出しそうなその朝日に

二色燕丈☆傾眠

  • 閲覧数

    133

    1653位

  • マイリスト

    1

    352位

フォント
文字:--%
行間:--%
一滴の水滴が集まってこの世界が出来るというなら。

僕のこの両眼から零れ落ちるこの液体成分に様変わりした血液は悲しい世界を浸していくというのか。

君は僕をレイプした。
僕の背丈と君の背丈に20センチの差はあったはずだ。けれども身体は一ミリも離れちゃいなかったんだ。

僕が人間で女であったのが悪いのかもしれないけれど、僕は君の吐息を恐怖と快楽で覚えたんだ。

「ねぇ、一滴残さず沈めておくれ」

と僕に囁いた君は優しかった。この潔癖の世界に赤い染みを作り出した君は男で、3つは違うのに、痩せた肌は不健康だった。

「────」

指を絡めた君は「真西(まにし)」と溺れた声で僕の姓を口にする。

君は忌々しくも、硝子玉でも触るように僕の身体を混ぜたんだ。

「君は幸せかい」

と微笑む汗ばんだ幸福に手を伸ばして髪を舐めたら心地よさそうに寝息を立てた。16歳の夏、もう高校には通えないと思った。

君のことを僕は「先生」と、あの頃には呼んでいた。いつでも神経質な字を書く静かな人。どれだけまわりが君の声なんて聞いていなくても歴史を垂れ流す、地味な眼鏡の男で。

僕の何がいけなかったか。私服で自由な高校で、男子として生きようとしていた僕を殺した最低野郎。

だけど、もう3年目。君との生活に僕は掻き回されてしまった。

最後まで君は僕を「真西」と呼び続けた。低くも通るその声で、吐きそうなほど滑って何度も、何度も。

夏紀(なつき)

だからそれに気付いた。
そうかと、腕の中でただただ、溢れる思いとぼやけた天井の白が現実だった。

「妻が妊娠したんだ」

そうか。
最後まで僕は男だったのかもしれないと、ぼんやりと考えた。

去った背中はいつも通り、朝方に消えてしまう。

遊びだったのなら僕はまた、素直になれるかもしれないけれど。

一滴の水滴が集まってこの世界が出来るというなら。

いま何滴なんだろう、いまここは何処なんだろう。
滑り落ちる喉の痞に僕は一人考える。
今日もまた、世界の終わりに朝日が上ったのだと、そう考えてカルキ臭い、透明な風呂場の温い水滴を浴びた、梅雨の日。

スキを送る

スキ件数:非公開


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

マイリストに登録する

作品シリーズ

この作品につぶやく

#水葬、朝陽の空白
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(62) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.