メクる

累計 17899635 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

ヒステリック

短編小説
文学
オリジナル
2018年08月07日 08:39 公開
1ページ(778文字)
完結 | しおり数 0

詩小説

二色燕丈

  • 閲覧数

    137

    1769位

  • マイリスト

    0

    1327位

 心なんて安楽しないだろう、捻り出しても自傷の一途。

──の名前をなんと云う?
フォント
文字:--%
行間:--%
── 彼の名前はなんと云う、

頭抱えて机の上。
・自己(顕示、投影、満足、陶酔、犠牲)
 
箱の中で開く文字。
・幻(覚、想、滅、惑、灯)

 頭の中で蠢く残像、文字羅列、陶酔のようなアドレナリンと濁流のようなナイフ、殺しにかかる凶器の一つ。手にする万年筆とは何か、白の原稿用紙が語る。

さようなら
ありがとう
愛してる

 誰かこの胸の膿に凶器を刺して、ごちゃ混ぜにして交ぜて、螺旋階段の一途、白紙に戻す一過性健忘症を丸めて捨ててくれ、僕の気持ちをさようなら、僕の言葉よありがとう、君のことを愛している。

──掴めないその愛憎の幻想に僕はどうやって沈んだと云うんだろうか。
 愛されることは怖かった、朝昼晩が煩わしかった。さようならを聴きたくなかった、ありがとうなんて利口になりたくなかった。

 感性、その言葉に踊る万年筆に人々は何を見る?
 言いたいことの根拠なんて、万年マンネリ化した化石のようなこの僕には押し入れの奥にしまわれたインク入れと代わりのない。
 
 殺してバラバラにして打ち砕いて散らばして見つけて描いて丸めて捨てる生物、不燃物投棄でしかないとしてもそれが根拠だ。
 痛い痛い痛い言いたい、呼吸、それは生理現象で、それも水に浸っていれば生温い呼吸困難だ。君はそれをどう訳す、どう見る、どうだって良い。新しい朝の息の根は止めてしまった。ここは細菌ガスに噎せるようだ。
 僕はどこに浮遊しているんだろうか。なんだっていい、自分に蓋をして流して、ここは僕のバラバラ死体が海水に浸かって陽の目を見ているんだ。だから必要なんだ。万年床の蚕でも蛆虫でも変わらないさ。

 耳鳴りのようなその慟哭は本能なのか、煩悩なのか。前頭葉、覚醒しろ言語障害。

 息を殺して吐き出せるそれは陶酔か。

──作家の名前をなんと云う。

ヒステリック。

スキを送る

スキ件数:非公開


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

マイリストに登録する

作品シリーズ

この作品につぶやく

#ヒステリック
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(57) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.