メクる

累計 17759695 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

スキルイータ

もくじ
レーティングあり
小説
ファンタジー
オリジナル
2018年10月19日 01:00 更新
69ページ(402727文字)
連載中 | しおり数 1

神からの提示は、死か転移か?転移先ではハードモードだと思っていたが・・・。

nfox0709

表紙提供:by neco
  • 閲覧数

    32

    2348位

  • 評価数

    0

    1577位

  • マイリスト

    0

    1274位

 俺は、どうやら死んでしまうようだ。
 ”ようだ”と言ったのは、状況がよくわからないからだ、時間が止まっている?

 会社のメンバーと、打ち上げをやった、その後、数名と俺が行きつけにしているバーに顔をだした。デスマ進行を知っているマスターは、何も言わないで、俺が好きな”ギムレット”を出してくれる。

 2杯目は、”ハンター”にした、いつものメンバーできているので、話すこともなく、自分たちが飲みたい物をオーダした。
 30分程度で店を出る。支払いは、デポジットで足りるというサインが出ている。少なくなってきているのだろう事を想定して、3枚ほど財布から取り出して、店を出る。雑踏を嫌って、裏路地を歩いて、一駅前の駅に向かった。

 電車を待つ間、仲間と他愛もない話をする。
 異世界に転生したら、どんなスキルをもらうか?そんな話をしながら、電車が来るのを待っていた。

”ドン!”

 この音を最後に、俺の生活は一変する。

 異世界(レヴィラン)に転移した。転生でなかったのには理由があるが、もはやどうでもいい。

 現在、途方にくれている。
”神!見て笑っているのだろう?ここはどこだ!”
 異世界の、草原に放り出されている。かろうじて服は着ているが、現地に合わせた服なのだろう。スキルも約束通りになっている。だが、それだけだ。世界の説明は簡単に受けた。

 いきなりハードプレイか?いい度胸しているよな?

 俺の異世界(レヴィラン)生活がスタートした。

スキを送る

累計 20 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

nfox0709さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

このつぶやきは「一般」に分類されます

#スキルイータ
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(5) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.