メクる

累計 17756514 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

明日にゃ明日の風が吹く

短編小説
詩・俳句・短歌
オリジナル
2018年08月27日 18:09 公開
1ページ(478文字)
完結 | しおり数 0


vrymtl

  • 閲覧数

    37

    2295位

  • 評価数

    0

    1561位

  • マイリスト

    0

    1252位

フォント
文字:--%
行間:--%




大嵐が湿風を連れてって
空っ風にも追われた日に、
壁の蔦の葉が萎れた陰から
騒いでいた奴らの抜け殻が現る。

昼間は暑い明りに覆われて
残暑の見舞いが往き交う頃に、
暗くなれば送南風の中で御盆の灯りに照らされて居る。

もう用事が無くなったその存在は、
ぼくらに無言で語りかけてくる…

ここで生まれて、ここで育って、
ここから旅立った証となる。

ここに居たんだよ、
ここを離れたんだよ、と。

この場所から、何処へ行ったか
誰も知りはしないけど、
きっと何年後かは、
同じ様に必ずこの辺りで、
湿風の中に現れて、暗いうちに動き出し
誰にも気付かれずに旅立って、
きっと近くで騒ぎ出すだろう。


そしてまた…


暑くて眩しい風が
南の空っ風に変わる時
淋しい季節の始まりだよと、
枯れた蔦にしがみつく
抜け殻を眺めるて居るぼくは
想いの記憶と昔の古傷が柔になる。

小さい頃からこの境目の風を
毎年毎回気にして居ては、
今ぼくは生きてるんだなと想う時。

明日はまた、違う風が吹くだろう…

今日とは違う、
淋しく乾いた季節に近づいて。


スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

vrymtlさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#明日にゃ明日の風が吹く
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(57) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.