メクる

累計 17909035 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

『 本の冊一 』

短編小説
ホラー
オリジナル
2018年10月31日 16:14 公開
1ページ(1010文字)
完結 | しおり数 0


vrymtl

  • 閲覧数

    35

    2414位

  • 評価数

    0

    1587位

  • マイリスト

    0

    1251位

フォント
文字:--%
行間:--%



何の因果がこの歳で
持病の肝炎患って
仕事も休んで暫く入院…
ジッとして寝ていると
床ズレ起こして長引きそうだと
毎日廊下を往ったり来たり
自主リハビリの毎日送る。

往き来途中の憩いの場
待合室で一休み
常連先輩寛ぐ中
テレビ台の下ふと見ると
一冊の本が無造作に
古びて誰も読まない本
埃や手垢で薄汚れ
気になり手に取り拭ってみる
どれくらい前のだろう?
印字がとても古めかしく
題名現れ右から左…
『 本の冊一 』… と書いてある。

著者名探して裏表紙
丁度其処だけ切り取られ
誰が書いたかわからない
年代すらもわからない
謎だらけの本を手に
病室戻って開けてみる
何が書いてあるのかな?
恐る恐る捲ってみると…

"この一冊の本は、あなたの命繋ぎます…
どうしても迷った時は下の階の売店まで。"

これだけしか記して居ない…

その日の夜中に
日付がもう直ぐ変わる時間
気になり闇の中歩き
下の階の売店へ
当然店は閉まってる
格子越しに覗いてみると
二冊、三冊、四冊の本…と
ズラズラ並んだ古びた本
売店なのに古本屋?

考えても不思議な光景
悩んだ挙句に何もせず
諦め明日の朝を待つ…

翌朝下の階の売店へ
昨日の場所に店が…無い?!
不思議に思い慌てると
すれ違った看護師さんに
お店の事を聞いてみる。

「ここには昔、霊安室がありました。
最も出所不明の火災で、著名な方が火葬前に数人そのまま焼かれたと言う話です… 。」

著名な人が誰か尋ねると…

「作家で、日本で古本屋の第一人者である方と他数名。不思議な話ですよねー…
本を焼かれたようなそんな事故の様です。
当時、ここの初代院長も執筆なさって居たそうで、霊安室の隣には小さな倉庫で院長の執筆場所でお気に入りだったそうで、其処で執筆して居た最中にそのまま眠ってしまい煙に巻かれてお亡くなりになったそうです。
わたくしの祖母も当時の看護婦で、院長とは親しくしておりました…その時に執筆して居たのが、本離れの若者たちへ書いていた…

" 一冊の本 -命を繋ぐ言葉たち- "

と言う題名の完筆間近だったとよく聞かされました…とても残念な話しですよね。」


明治初期のこの病院
初代院長と本との出来事の
不思議な話しを聞かされた…

ぼくの手にしたあの本は
その日を境に無くなっていた 。



終わり

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

vrymtlさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#『 本の冊一 』
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

見つかりませんでした

作者の投稿小説(79) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.