メクる

累計 17908905 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

女、猫。

短編小説
純文学
オリジナル
2018年11月07日 23:11 公開
1ページ(2419文字)
完結 | しおり数 0

気を使って猫は死んだ。

雪乃都鳥

  • 閲覧数

    71

    2180位

  • マイリスト

    0

    1223位

フォント
文字:--%
行間:--%
子猫は、私の足元に体を擦り付けて喉を鳴らせていた。とても、純真無垢な、濁りのない瞳をしていた。
「お母さんはいないの?」
話しかけても、その声を聞いても、返事をしないのはわかっていた。
「じゃあ、そろそろ帰るね」
私は自分が住んでいる自宅に足を向けた。けれど、子猫は鳴きながら追いかけてくる。
「どうしたの?寂しいの?」
労りの心をかけてしまう私。もちろん、返事をしないのはわかっている。
やはり、辺りを見回しても母猫らしき姿は居らず、きっと孤児なのねと一人思う。
周りには家が何件かあったけれど、その一角の家に猫の缶詰が置いてあった。
「あなた、あそこでご飯もらっているのでしょう?あそこに可愛がって貰った方があなたのためよ」
私はそう言って足早に帰ろうとした。が、子猫は着いてくる。鳴きながら。
結局子猫は、私の住むマンションの前まで着いてきてしまった。マンションというと語弊がある。三階建ての貧相なマンションだ。そのマンション私は時計を見た。田舎のマンションだから、周りの目はまだ大丈夫だ。

私は困ってしまい、子猫を見つめた。子猫は小さい声で鳴く。喉をごろごろ鳴らしていた。この子は、子猫だからとても小さい。このまま、外に居たら車か何かにぶつかって死んでしまうかもしれない。

私は子猫を抱き上げて、コートの合わせに隠して階段を上った。
部屋の前につき、ドアを開けると、私はせかせかと棚にあった愛猫の事典を取り出した。ページを捲って捲って、猫の世話の仕方を読み通した。
私は振り向いた。子猫は、そこにちょこんと座って首を傾げていた。
「あなたはもう離乳食なのね」

私はホームセンターに行って、キャットフードを買った。家に帰ってポットで沸かしたお湯を入れ、深皿のキャットフードに浸した。浸して柔らかくなったキャットフードを冷まして、子猫に与えた。よく食べた。

私は心中、この子猫の名前をつけないと決めていた。決めた時のことを思うと、亡くしたことを考えると、瞼の裏に泣きじゃくる私がいた。

玄関を後にする時も、電車に運ばれている時も、会社に居る時も、常にあの子猫のことを考えていた。なぜ、私はあの子のことを考えているのだろうか。

そしてその間中、心の片隅にいる私は、恋焦がれたように、帰る時間を心待ちにしていた。

家に帰ると、子猫は一目散に私を迎えてくれた。私を歓迎してくれてるのは、今の内ね。そう思ったけど、嫌なことではなかった。私は、待っていたご褒美におやつを与えた。猫用のクッキーだった。

子猫は、それを、とても美味しそうに食べていた。私は、それをとても面白いと思って見ていた。

平らげた子猫は、ぴんくの舌で口の周りを舐めて私をもう一度見た。私はパッケージを見て摂取数を確認すると、それを二個ほど与えた。

私は冷蔵庫から、ビールを出して、三回ほど喉に通した。

確実に冷めた感情があった。

子猫はオルガンを弾いている時も鍵盤の上に乗っかった。本を読んでも、その前に割り込んできた。

可愛いと思わなければいけない。わかっていた。怒鳴ってしまった。それ以降、あの子がオルガンに乗るのは一切なかった。

こびりついたフライパンの底の焦げのように、その自分への嫌悪感は拭えなかった。そして、今も拭えないでこびりついているのだ。

猫はトイレも自分で覚えたし、水の場所も、ご飯の場所も、覚えた。猫は、手間のかからないいい子に育って行った。

自分の意地汚さがはっきりと見えた。あの子が成長する中で、私のその汚い感情は日増しに目立つように見えた。今まで隠れていて、見なくても良いものが、きちんと分かってしまうようになっていた。

あの子は、子猫ではなくなった。猫になった。成猫になった。そうなった今でも、あの子は時折、申し訳なさそうな顔をしながらも、私の鼻に自分の鼻をつけたり、体を擦りつけたりしてきた。私はその度に頭を撫でた。その子が離れていくまで、幾度も撫でた。

猫は時々、窓の向こうを見ていた。私はその度に「外は危険よ」と、縛り付けるようなことを言った。猫は時々、外を見てみゃあと鳴いた。「外は、危険よ。あなたなんか、車に引かれて死んじゃうんだから」と言っても、猫は外を時折見ていた。

まるで自分が醜く、怖い奇妙な怪物のように見えた。周りの人も、猫に対する私の掛け声を見聞きすれば奇妙に見えたに違いない。

猫は私が帰ってくると、迎えに来てくれる。やがておばばになっても、迎えに来てくれるのには変わりなかった。

そして―必ずその瞳で私を見上げるのだ。

鬱陶しい。その本質を見た気がした。

私は猫に言った。
「なぜ、私を信じるの?」
猫は、首を傾げた。
「私を、信じるのはやめなさい」
猫は擦り寄ってきた。
「裏切られたら、どうするのよ」
私の頬から水が滴った。猫は心配そうに、私の顔をそのざらざらとした舌で舐めあげた。

翌日、私はベランダを開けるようになった。そのベランダから、猫は出入りするようになった。洗濯物を取り込み終わって、一段落つき、つい閉めてしまっても、必ずその場で、大きな声で鳴いて、私は直ぐにベランダを開けた。近所の人にバレるかと思ったけれど、このマンションには三人くらいしかいないし、何せ奥まったところに部屋があるので気付かれなかった。

けれど、やがて猫はベランダを出ないようになった。私は心の底からそれを喜んでしまった。
私は部屋の片隅で、読書をしていた。窓辺の日差しを浴びながら。猫はその私に寄り添うように、いつも目を閉じていた。

猫は長生きで、いつまでも私の部屋に暮らしていた。私も、猫に出会ったその日よりも、歳が増して猫よりあとにおばさんになった。




猫は私の部屋で、臨終を遂げた。猫に寄り添うと、私も横になって目を閉じた。

静かだった。時が止まったように。


スキを送る

累計 50 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#女、猫。
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • なめくぢみみず 11月08日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    女の人に嫌悪感はあまりなかったのですが、
    猫がずっと気を使いながら生活して死んでいったのだと思うと、静かにゾッとしました。
    (ネタバレ)
     #女、猫。
    詳細・返信(1)
  • 二色燕丈 11月08日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    作者の気配を消せる淡々とした文、これって意外とやってみると難しいよね。 (ネタバレ)
     #女、猫。
    詳細・返信(3)
  • 雪乃都鳥 11月07日
    一時非公開にしましたが、これがほんとの報告です。小説「女、猫。」を公開しました!  #女、猫。
    詳細・返信(4)

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(4) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.