メクる

累計 17750447 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

母の日

短編小説
コメディ
オリジナル
2015年04月30日 21:45 公開
1ページ(728文字)
完結 | しおり数 0


あまね

  • 閲覧数

    443

    769位

  • 評価数

    0

    1290位

  • マイリスト

    0

    926位

フォント
文字:--%
行間:--%
「母の日といわれてもピンとこない」
「いや、それを何で私にいうかな?」
「母の日と言う事は、母が食べたほうが良いものがあるの?」
「それは特に無いと思うけど」
「ほらこどもの日みたいに、かしわ餅とか食べるのがあるんじゃない?」
「聞いたことはないね、まぁ強いて言えば体にいいものかな?」
「あぁおかゆ」
「それは消化にいいものだ、母の日にたべるものではないね」
「でも母とおかゆって、ベストマッチではないか?」
「風邪でも引いていたら最高にマッチするだろうけど、そういう日でもないから」
「風邪ひいたとき、母の優しさが伝わるよね」
「風邪ひいたときは、心が弱っているからね」
「つまり、母の日って母の優しさに気づく風邪をひいた日?」
「年に1回じゃすまないね」
「でも大抵大きくなると風邪ってあんまりひかないよね」
「なら母の優しさに気づく日が減っているね」
「そういえば母の日といえばみたいなアイテムあるの?」
「カーネーションかな」
「それは何のために?」
「まぁ確かに、カーネーションって馴染み薄い気がするけどさ」
「毎日みているそこらへんの花じゃだめなの?」
「そこらへん元々外国の影響みたいだしね、発案した人の母が好きな人な花みたい」
「他人の母の好きな花を贈って感謝が伝えられるの?」
「うんまぁ、多少は伝わるよ、きっと」
「大体母への感謝を忘れないのが年に1回って逆に母への感謝忘れていないかって思わない?」
「年に1回で感謝を伝えることができないほどに、感謝しているとは、到底思えないけどね」 
「母の日というのが無くても母にふとしたとき感謝する、それが母の日で良いんじゃないかな」
「そのふとした時を皆が忘れているから母の日があるんだよ」

スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

あまねさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#母の日
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

参加テーマ

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(23) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.