メクる

累計 16494235 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

虚無感の正体

短編小説
ポエム
オリジナル
2015年05月02日 16:26 公開
1ページ(354文字)
完結 | しおり数 0


不知火 凍夜

  • 閲覧数

    430

    651位

  • 評価数

    0

    1182位

  • マイリスト

    0

    866位

最近のニュース見て、思いつき書きました。
こちらでは初投稿なので至らぬ点が有りますがご了承下さい
フォント
文字:--%
行間:--%
「何なんだろう?...この虚無感は...」

彼女...雪乃 鈴はふと考えた。
普段通りの町
普段通りの友人
普段通りの日常

別段何も変わってはいない。
ただ...何かが無いのだ。

まるで... 今 だけを過ごしているような....

そして、彼女はこう思う。

「私には...未来は有るの?」

彼女は彼女は悩み、家を出て、河川敷に向かった。

そして、河川敷について、腰を下ろしたとき

ふと、頭の中にある声が聞こえた。

「誰にでも未来はある!だから、諦めるな!」

そして彼女は気づく、
この虚無感の正体を...



そして二年後
鈴は面接を受けていた

「この会社に入ろうとおっもたきっかけは何ですか?」

鈴は答える

「小さい頃に憧れてから、この業界に入るのが

夢 だったからです!」

スキを送る

累計 1 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

不知火 凍夜さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#虚無感の正体
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(1) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.