メクる

累計 15638799 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

いつかまた青い空を

短編小説
歴史
オリジナル
2015年06月03日 19:34 公開
1ページ(1012文字)
完結 | しおり数 0

いつかまた青い空を見上げる日が来ることを、私は――

水無月秋穂

表紙提供:by Exact
  • 閲覧数

    463

    554位

  • 評価数

    5

    517位

  • マイリスト

    0

    751位

フォント
文字:--%
行間:--%
「あ…どうも、おはようございます」

ほんわりと微笑むと、太い格子の向こう側の青年は眉根を寄せた。

「……まだ、生きているのか」

「はい、そのようで」

自分でも、なぜこんなにも穏やかでいられるのか…なぜ発狂しないのか、よくわからない。
目の前の青年も、おそらくそうなのだろう。

「下手に生命力があるのも考えものだな。一思いに殺してやればいいものを…」

「無理やり水を飲まされるから、長らえてしまっているのかもしれませんね…。貴方も見回りが多いのは大変でしょう? 仕事を長引かせてすみません…もうじきだとは思うのですが」

無数の傷から伝う身体の痛みは、もうあまり感じない。
最初の頃に比べたら、おそらく死に近づいてきているのだろう。

激痛さえ鈍く、ぼんやりとした感覚の中で、一部の理性だけが冴えている。
なんとも不思議な感覚だ。

全身の痛みは遠いのに、目の前の青年の悲痛な面持ちは鮮やかに伝わってくる。

「…君は何故捕まった?」

初めてまともに質問をした青年に、私はさらさらと答えた。

「近くの森で患者さんの熱に効く薬草を摘んでいたんです。そうしたら、後ろから四、五人の役人たちに囲まれて、薬草の籠を奪われて…お前は魔女かと尋ねられました。村の診療所の施療士です、と否定したのですが…」

「問答無用で連れられて来た…ということか」

「ええ」

青年の瞳を見つめて微笑むと、青年は一言だけ、ぼそりと呟く。

「早く、終わればいいのにな」

何が終わる、とは決して言わない。
けれど青年が意図したことは、はっきりと私に伝わっていた。

――懐疑が懐疑を呼ぶ、おぞましいこの時代だろう。

「…残してきた者たちが心配でした。でも今は、心配に充てる力さえありません。今私が理性を保っているのはおそらく、うわごとで親しき者の名を絶対に口にしないため…。今の私に守れる唯一を、最期まで私が守っていられるように、祈ってはいただけませんか?」

掠れた声で問うと、青年は小さく頷いた。

背を向け歩き去る青年の靴音と同時に、遠ざかってゆく鍵束の小さな金属音を耳にする。

しんと静まりかえる薄暗く冷たい牢で、一人、空の青さを願いながら、私はゆっくりと目を閉じた。

足元から、鈍い感覚さえ失われてゆく…

くい込んだ重い鎖たちが上体が崩れ落ちるのを阻む中、意識だけが、滲むように床に沈んでいった。


―FIN―

スキを送る

累計 40 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

水無月秋穂さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#いつかまた青い空を
 

500

みんなのつぶやき 一覧

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(26) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.