メクる

累計 15034519 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

緑色の指輪

短編小説
恋愛
オリジナル
2014年08月30日 23:07 公開
1ページ(2326文字)
完結 | しおり数 0

テーマ「出会い」でささっと書いてみました。

ルカ

  • 閲覧数

    999

    309位

  • 評価数

    39

    50位

  • マイリスト

    2

    107位

運命の出会いなんて、実は結構身近にあるものなのかも…
フォント
文字:--%
行間:--%




「では、このままでしばらくお待ち下さい。」

鏡越しにそう言った彼の笑顔は本当に爽やかで……
私は、小さな声ではいと答えて、すぐに手元の週刊誌に目を落とした。
髪を全部カーラーで巻かれ、キャップをかぶせられた姿はあまり見栄えの良いものではない。
だから、恥ずかしくてなかなか顔を上げられない。



大人になってからの片想いっていうのも悪くない。
片思いっていうよりは、憧れといった方が良いのかもしれない。



職場には、心ときめく男性は一人もいない。
三十を過ぎたあたりから、出会いもほとんどなくなった。
本当なら、頑張って婚活でもしなきゃいけないんだろうけど、わざわざ出会いを求める気持ちもなくなって……
いつの間にかひとりでいることに慣れ、気が付けばひとりでいることが当たり前になってしまっていた。
最近では同性の友人さえもが煩わしく思えて、どこに行くにもひとりで行動するようになっていた。
ときめくのは映画やテレビの中の人だけ。
それで良い。
それが一番楽……


そんな時、久しぶりにときめいたのが、たまたま入った美容院の滝沢さんだった。


新規オープンとかで割引チケットを配っていたから。
それだけの理由で行った美容室。
一年近くも美容院に行かず、伸び放題になっていた髪を一つに束ねて……
私はそんな姿も少しも恥ずかしいなんて思ってなかった。
でも、そこで滝沢さんに出会ってから、三ヶ月に一度はその店を訪ねるようになった。


特に人目を引くタイプではない。
特別イケメンってこともないけれど、笑った時の顔がとても優しくて可愛くて……
滝沢さんの笑顔を見るだけで、いやな気分はどこかへ吹き飛んだ。
だけど、彼は私より明らかに年下で……私はこれといって特徴のない地味なタイプだから、きっと、私のことなんて、顔さえ覚えてはいないだろう。



お店に通い始めてから数ヶ月が経ったある日、彼が可愛らしい女の子と仲良さそうに歩いてるのを見かけた。
きっと、滝沢さんの彼女だ。
とてもお似合いの二人だった。


正直、ショックはあったけど、滝沢さんに彼女がいても不思議はない。
却ってそのことがわかってた方が、気が楽だ。
その方がただの片思いでいられるから……
三ヶ月に一度、彼の笑顔が見られるだけで私は幸せなんだから……


***


ある時、近所のショッピングセンターで、手作り市のような催しがあった。
小さなスペースに、素人さんが手作りしたものを展示、販売する催しだ。
冷やかしがてら見ていると、私はあるものに意外な程引き寄せられた。
小さな緑色の石の付いたシルバーの指輪だ。
その周りには、ブレスレットや他の指輪もいくつかあったけれど、他には全く目が行かず、緑色の指輪だけが私の気持ちを捉えて離さなかった。
私はそれを手に取り、薬指にさした。
それは、まるで、あつらえたようにぴったりだった。


指輪なんてもう何年もつけたことはなかった。
久しぶりのおしゃれを私の手はとても喜んでいるようだった。
自然に顔が綻ぶ……だけど、値段はそれなりに高かった。
他のアクセサリー店で探せばもっと安くで似たようなものがあるかもしれない…そんなことを考えたけど、どうしても、私はその指輪をはずすことが出来なかった。


次の日からずっと私はその指輪をさしていた。
手入れされてない指が急に恥ずかしく思えて、久しぶりにマニキュアを塗った。
いつもより、手が綺麗になった気がして心が弾んだ。
美容室に行くのがいつもよりもさらに楽しみになった。






「あ、その指輪!」


指輪を見た滝沢さんの驚きは尋常なものではなかった。



「この指輪がどうかしたんですか?」

「まさか、これ…手作り市で……」

「は、はい、そうです。」

「やっぱり……」

滝沢さんがなぜそんなに驚いているのか気にはなったけど、途中で担当が変わり、それ以上の話は出来なかった。


「13000円です。」

「はい、ではこれで……」

お会計を済ませた時、滝沢さんからメモを一緒に手渡された。
メモには仕事が終わってから会いたいということが書いてあった。


待ち合わせた喫茶店で、私は、指輪を作ったのが滝沢さんだということを聞かされた。
彼女の誕生日にプレゼントしようと作ったものの、その少し前に彼女とは別れ、プレゼントすることが出来なかった。
手元に置いておくのがいやで手作り市に出したものの、どうにも気に掛かってて、出品をキャンセルしようと思っていたら、それがすでに売れていたことを話してくれた。


「本当にすみません。
そんな縁起の悪いものを売ってしまって……
それは僕に買い取らせて下さい。」

「そうだったんですか……
でも、私なら大丈夫です。
とても気に入ってますし……ほら、けっこう似合ってると思いませんか?」

私は指輪をさした左手を滝沢さんの前に差し出した。


「……ありがとう、三浦さん。」


***


それが縁で、私達は結ばれた。


ただの憧れ…ただの片思い…
そう思ってた人が、私の旦那様になった。


縁起の悪いはずだった指輪は、私に大きな幸せをもたらしてくれた。



~fin.











作品を評価する

ルカさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

作品シリーズ

この作品につぶやく

#緑色の指輪
 

500

みんなのつぶやき 一覧

  • ひな 02月06日
    二人の繋がりがとても素敵で、読みながら顔が微笑んでしまいました。こんな運命欲しいですね!  #緑色の指輪
    詳細・返信(0)
  • このはな 04月02日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    これぞ運命的な出会いですね!
    すてきです♪
    (ネタバレ)
     #緑色の指輪
    詳細・返信(1)
  • 水無月秋穂 08月31日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    こんな出逢いも素敵だなあと思ってしまいました。
    指輪が結んだ奇跡に花束を。
    二人が幸せでありますように…
    (ネタバレ)
     #緑色の指輪
    詳細・返信(1)

参加テーマ

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • イイネ
  • なうで紹介
  • はてなブックマーク
  • GoogleOne

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(80) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

お気に入り【短編】 (2)

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.