メクる

累計 15641516 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

共通 L

新規会員登録

パスワードを忘れた

携帯・スマートフォン対応!

http://mecuru.jp/

出版社様専用
お問い合わせ窓口
  • 大友昌信 04月25日
    小説「異能力の裁断 ~妖鬼譚~」を公開しました!

    「……正直さ、僕より蓮の方が強いよね。実力的にも精神的にもさ。
    だったら、やっぱり怪我を受けた時に僕が受けた方がいいんじゃないかなあ。」

    蘭の言葉に、蓮は大きく溜めた溜息を吐いた。

    「私は怪我の治癒で苦しむときの姉さんの言葉を聞いている時が、いっちばん辛いんですよ。だから大きなけがを受け負うのは私でいいんです。」
     #異能力の裁断 ~妖鬼譚~

    異能力の裁断 ~妖鬼譚~

    by 大友昌信

    高校二年生の修学旅行に来ていた日野松寿(ひの しょうじゅ)は某県の山岳地帯にある希代山(きたいさん)を登っていた。 だが友人との些細な喧嘩から、彼は山肌を転げ落ち、崖の谷間へと放り出され落ちて行った……。 次に松寿が目を覚ましたのは、手術室でもなく、病室でもなく、まるで科学者の研究室(ラボ)のような場所だった。 そこで知らされたのは彼が死ぬ寸前で生き返った事、そして、その左目に『異能力』を宿したことだった。 そして、それを告げられた松寿に、究極の二択が突き付けられた。 松寿が選んだ道は——

@大友昌信宛

500


共通 R

ハッシュライン

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.