メクる

累計 16234962 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

共通 L

新規会員登録

パスワードを忘れた

携帯・スマートフォン対応!

http://mecuru.jp/

出版社様専用
お問い合わせ窓口
  • 未来 哉巴 08月21日
    小説「僕等は愛の意味を履き違えている。」を更新しました!  #僕等は愛の意味を履き違えている。

    僕等は愛の意味を履き違えている。

    by 未来 哉巴

    【リーマン×中学生】 母親からの愛に飢えている男子中学生のキィ(仮名)は、体を重ねることで愛を感じられるのだと思っていた。 一夜限りの援交を繰り返していた時に出逢ったのは、サラリーマンをやっているという成人男性のタロー(仮名)だった。 タローは、今までの援交相手とは違い、キィを一人の人間として扱ってくれる。 戸惑いながらも、性交だけで愛を感じるのではないと思うキィだったが。 それでも、彼等の関係は援交である。 金を貰い体を繋げる。 タローは快感を買い、キィは愛を得る。 大人はお金で愛を与えられると信じ、 子供は快感が愛に繋がると信じていた。 互いに履き違えた愛の中で、芽生える感情とは一体――? *援交は犯罪です。 作品の中の出来事はフィクションであり、援交を推奨、誘発するものではありません。 実際には絶対に行わないで下さい。 成人していても同じことですから、未成年、成人問わずに売春は犯罪であることを認識の上で、してはいけないのだと予め念頭に置いて読んで頂きますようお願い致します。 *此方の話は、Blove様でも連載中です。

@未来 哉巴宛

500


共通 R

ハッシュライン

もっと見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.