砂詠 創

ユーザー L

フォロー14


一覧を見る

フォロワー19


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

@砂詠 創宛

500

  • 砂詠 創 08月15日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    完結お疲れさまでした。
    誰かひとりの一方的な物語じゃなくて、人物それぞれが抱えているものが複雑に絡んできて互いに作用している描写が見事でした。
    主人公のふたりがすこしずつ、かつ確実に想いを傾けてゆくようすにも引き込まれました。
    やはり最初のフェンスのシーンが大好きで、純粋で不安定な若者を書くことに長けているほたるさんならではの表現に頭がさがるばかりです。
    想いが通じ合ってからの彼らのこれからも楽しみにしております!
    (ネタバレ)
     #その秘密を、知るということ。
    詳細・返信(1)
    概要を表示

    その秘密を、知るということ。

    by 夏木ほたる

     誰にも言えない秘密を抱えた楠木凛太郎(くすのきりんたろう)は、放課後の教室でクラスメイトの大野伊月(おおのいつき)にそれを知られてしまう。それから屋上で話すようになった二人の関係は、あることをきっかけに少しずつ変わっていく。  必死で隠した秘密を、知られるということ。  そして、知るということ。  

  • 砂詠 創 03月22日
    小説「徒花の彼」『昔歳の彼』(66頁から)公開しました!

    こんなに顔を近づけているのに、唇が触れ合わないことにもどかしさを感じながらも、俺の唇の温度で溶けかけた白い薔薇を食む先生は、いつにもまして可愛らしく見えた。
    (薔薇の彼・本文抜粋)

     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • 砂詠 創 03月06日
    小説「徒花の彼」『虚偽の彼』(43頁から)公開しました!

     まずは襦袢を細い肩にかけてやる。されるがまま、時折、自らの意思で身体を動かしてくれるので着させやすい。襟と前身頃を身体に合わせる。腰ひもでそれを留め、いざ着物を羽織らせてみたら、原瀬はなんだか寂しそうな顔をした。
    (和装の彼・本文抜粋)

     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • 砂詠 創 02月28日
    小説「徒花の彼」『屋上の彼』公開しました!

    頷くと同時に先生は毛布を頭までかぶった。照れた顔を隠したかったらしい。ほんのり染まった先生の頬を、俺は見逃さなかった。
    (本文抜粋)
     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • 砂詠 創 02月22日
    小説「徒花の彼」公開しました!
    ○○の彼シリーズ総集編です
    まとめて読めるようにしてありますが、第1週目は『裏庭の彼』を公開します
    話の筋はそのままに新たに書き下ろしました
    よろしくどうぞ~
     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
    概要を表示


自己紹介

 砂詠 創 (すなが はじめ)

 暮新月生/O型

 しがない物書き。半陰陽。

 スプラッタ時代物と近親相姦は創作の糧。

 もれなく腐。おほも書きます。

 特技は鏡をピカピカに磨くことです。
地域 未設定
職業 非常勤自宅警備員
興味 小説

サブメニュー

ユーザー R

新着作品

一覧を見る

砂詠 創のつぶやき

  • 砂詠 創 08月15日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    完結お疲れさまでした。
    誰かひとりの一方的な物語じゃなくて、人物それぞれが抱えているものが複雑に絡んできて互いに作用している描写が見事でした。
    主人公のふたりがすこしずつ、かつ確実に想いを傾けてゆくようすにも引き込まれました。
    やはり最初のフェンスのシーンが大好きで、純粋で不安定な若者を書くことに長けているほたるさんならではの表現に頭がさがるばかりです。
    想いが通じ合ってからの彼らのこれからも楽しみにしております!
    (ネタバレ)
     #その秘密を、知るということ。
    詳細・返信(1)
  • 砂詠 創 03月22日
    小説「徒花の彼」『昔歳の彼』(66頁から)公開しました!

    こんなに顔を近づけているのに、唇が触れ合わないことにもどかしさを感じながらも、俺の唇の温度で溶けかけた白い薔薇を食む先生は、いつにもまして可愛らしく見えた。
    (薔薇の彼・本文抜粋)

     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 03月06日
    小説「徒花の彼」『虚偽の彼』(43頁から)公開しました!

     まずは襦袢を細い肩にかけてやる。されるがまま、時折、自らの意思で身体を動かしてくれるので着させやすい。襟と前身頃を身体に合わせる。腰ひもでそれを留め、いざ着物を羽織らせてみたら、原瀬はなんだか寂しそうな顔をした。
    (和装の彼・本文抜粋)

     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 02月28日
    小説「徒花の彼」『屋上の彼』公開しました!

    頷くと同時に先生は毛布を頭までかぶった。照れた顔を隠したかったらしい。ほんのり染まった先生の頬を、俺は見逃さなかった。
    (本文抜粋)
     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 02月22日
    小説「徒花の彼」公開しました!
    ○○の彼シリーズ総集編です
    まとめて読めるようにしてありますが、第1週目は『裏庭の彼』を公開します
    話の筋はそのままに新たに書き下ろしました
    よろしくどうぞ~
     #徒花の彼
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 02月20日
    生きてますし書いてますよ
    たまに読んだり呼吸したり
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 01月27日
    自分で書いておいて自分で混乱してるからちょっとまとめる
    詳細・返信(0)
  • 砂詠 創 01月26日
    いいなぁいいなぁ
    ぼくもがんばらねば
    詳細・返信(0)

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.