「かじゅへい」のプロフィール | メクる
かじゅへい
作品の投稿はありません
@かじゅへい宛

500

  • かじゅへい 07月16日
    もなかさんの作品、やっぱりいい!
    この作品は特に続きが読みたくなっちゃいます(*^^*)
     #私の秘書の物忘れが激し過ぎる!
    詳細・返信(1)
    概要を表示

    私の秘書の物忘れが激し過ぎる!

    by 兎山もなか

    現在、15ページまで公開中。 ※この作品は、各電子書籍サイトで配信中です。 ※この作品には性的な表現が含まれます。 弱冠26歳にして、ファッション雑貨の通販会社クイーンオポチュニティーを起業した皇(すめらぎ)あすか(28) 一見すると冷たくクールな印象を与えるあすかだったが、自社の人間への愛は人一倍な「ボス」である。 そんな彼女が誰よりも信頼しているのが、秘書の四ノ宮悦(しのみや えつ)(30) あすかとは前の会社からの同期であり、理想家で不器用なあすかを支え続けてきた陰の立役者だった。 二人きりのときは「あすか」と下の名前で呼ぶ四ノ宮。 だが、四ノ宮からあすかとの間には《社長と秘書》という分厚い壁がある――はずだった。 「……ねぇ、ボス。僕はこれで結構、怒ってるんですよ」 あることがきっかけで四ノ宮に抱かれるようになったあすか。 処女を奪ったのは間違いなく四ノ宮なのに、なぜか彼はそのことを忘れていて――。 クイーンオポチュニティーの経営にも暗雲が立ち込める中、二人のおかしな恋の行方は……!?



自己紹介

入力がありません
地域 大阪
職業
興味 小説

サブメニュー

記事の投稿はありません

ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.