リミル

ユーザー L

リミル

可愛い男の子が好きです


フォロー7


一覧を見る

フォロワー3


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

@リミル宛

500

  • リミル 05月23日
    「黒猫さんに唇を舐められてしまいました……」
    「陽毬もですか? 私も今朝、同じ目に遭いました」
    「あっ……もしかして」
    「つい許してしまいますね。これだけ可愛らしいと」
    「か、か……間接キス……しちゃった」

    キスの日らしいので*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • リミル 03月24日
    @ゆうも  わわっ、栞まで挟んでいただいて光栄です(ノ*>∀<)ノ♡ 私も過去作で宙[ソラ]という受けちゃんを書いていたので、運命感じています!!←
    続編楽しみに待っていますね(*´>ω<`*)
    詳細・返信(0)
  • リミル 03月24日
    @ゆうも  こんばんは☆*゚ こちらこそフォロバありがとうございます……! 「こんぺいとう」のHappy Christmasが特に大好きで毎回読み返しています♡ 色違いのこっそりペアルックとか、全部揃えちゃうんだろうなー、なんて想像してにやにやしてます(〃艸〃)
    詳細・返信(2)
  • リミル 03月08日
    「可愛い後輩が出来てよかったね」
    「はい。嬉しく思います」
    「でも、年上のほうが好みだろ?」
    「そうですね。今年から三年になりましたので、少し寂しいです」
    「美祥は年下相手だとすぐに甘やかすから。陽毬にお節介だと思われてかわいそう」
    「嫉妬なさらずとも、先輩のお世話焼きで今は手一杯ですので」

    「愛し、君へ」1章終わりました*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • リミル 03月03日
    「雛祭りといえば……」
    「はい、ケーキですよね」
    「お寿司じゃないんですか……?」
    「今はケーキがメインです。ホールケーキの中心にフォークを突き立てて食べる時の幸福は、何物にも替えられません」
    「皇先輩、頬が緩んでます」
    「ふふ、少しはしたないですが、特別な日、ですので」
    「女の子のお祭りですよ……? でも、皇先輩は姫だから問題ないです……?」

    しばらくは美祥さんばかり喋っていますが、2章から陽毬ちゃんが頑張ります*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
    概要を表示


自己紹介

リミルと申します*

更新は不定期になりますが、
ご容赦ください。

最近、書くより読むほうがとっても楽しい……(♡>艸<♡)いつも萌えを供給してくださってありがとうございます

可愛い受けちゃんが好き。
強気、男気ある受けちゃんは苦手。


プロフ画像は自作品「愛し、君へ」の
陽毬ちゃんです*
地域 大阪
職業 BL書庫の守り神
興味 小説

HPリンク

リミル

@remilvvv

サブメニュー

ユーザー R

新着作品

一覧を見る

リミルのつぶやき

  • リミル 05月23日
    「黒猫さんに唇を舐められてしまいました……」
    「陽毬もですか? 私も今朝、同じ目に遭いました」
    「あっ……もしかして」
    「つい許してしまいますね。これだけ可愛らしいと」
    「か、か……間接キス……しちゃった」

    キスの日らしいので*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
  • リミル 03月24日
    @ゆうも  わわっ、栞まで挟んでいただいて光栄です(ノ*>∀<)ノ♡ 私も過去作で宙[ソラ]という受けちゃんを書いていたので、運命感じています!!←
    続編楽しみに待っていますね(*´>ω<`*)
    詳細・返信(0)
  • リミル 03月24日
    @ゆうも  こんばんは☆*゚ こちらこそフォロバありがとうございます……! 「こんぺいとう」のHappy Christmasが特に大好きで毎回読み返しています♡ 色違いのこっそりペアルックとか、全部揃えちゃうんだろうなー、なんて想像してにやにやしてます(〃艸〃)
    詳細・返信(2)
  • リミル 03月08日
    「可愛い後輩が出来てよかったね」
    「はい。嬉しく思います」
    「でも、年上のほうが好みだろ?」
    「そうですね。今年から三年になりましたので、少し寂しいです」
    「美祥は年下相手だとすぐに甘やかすから。陽毬にお節介だと思われてかわいそう」
    「嫉妬なさらずとも、先輩のお世話焼きで今は手一杯ですので」

    「愛し、君へ」1章終わりました*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
  • リミル 03月03日
    「雛祭りといえば……」
    「はい、ケーキですよね」
    「お寿司じゃないんですか……?」
    「今はケーキがメインです。ホールケーキの中心にフォークを突き立てて食べる時の幸福は、何物にも替えられません」
    「皇先輩、頬が緩んでます」
    「ふふ、少しはしたないですが、特別な日、ですので」
    「女の子のお祭りですよ……? でも、皇先輩は姫だから問題ないです……?」

    しばらくは美祥さんばかり喋っていますが、2章から陽毬ちゃんが頑張ります*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)
  • リミル 02月22日
    「可愛い黒猫さんです……。皇先輩が飼っているんですか?」
    「いいえ。アトリエに迷い込んでしまわれたようです」
    「何だか、薊さんみたいで可愛いです」
    「随分と汚れていますので、一度洗わなければいけませんね」
    「わあ、羨ましい……です。皇先輩とお風呂……」
    「陽毬もにゃあ、と可愛く鳴いてくだされば、私が隅々まで洗って差し上げますよ?」
    「……にゃー」
    「ふふ、冗談です」

    プロローグが続きますがよろしくお願いします*
     #愛し、君へ
    詳細・返信(0)

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.