なめくぢみみず

ユーザー L

フォロー17


一覧を見る

フォロワー18


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

@なめくぢみみず宛

500

  • なめくぢみみず 07月19日
    小説「俺の妹が腐りすぎてて困る」を更新しました!
    ひたすら私が楽しいだけの会話文です。
     #俺の妹が腐りすぎてて困る
    詳細・返信(0)
    概要を表示
  • なめくぢみみず 07月15日
    @鍔木シスイ  川柳を書く方はちょこちょこいらっしゃるのですけどね。俳句は決まり事とかちょっと面倒なのかもしれません。
    拙作「金魚」ともども、感想ありがとうございます。
    のうぜんかずらは、私の好きな句にも使われていて、自分も書いてみたいと思い書いたのですが、好きだと言って下さって嬉しいです。
    詳細・返信(0)
  • なめくぢみみず 07月15日
    @鍔木シスイ  途中で呟いてしまった。
    感想を読んで、自分の話を再度、咀嚼している気分になりました。
    なるほどこういう話だったのか、と。
    一応企画小説なのですが、企画そのものの設定があまり生かせなかったのが自分で書いていて残念なところですね。
    でも、感想頂けて嬉しかったので良いことにします。
    詳細・返信(0)
  • なめくぢみみず 07月15日
    @鍔木シスイ  感想ありがとうございます。
    とても嬉しいです。
    感想を読んで、自分の話を再度咀嚼
    詳細・返信(0)
  • なめくぢみみず 07月14日
    このつぶやきにはネタバレが含まれている可能性があります[表示]
    強運すぎるのも考えものですね。
    面白いです。
    (ネタバレ)
     #本屋『我覧堂』(がらんどう)
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    本屋『我覧堂』(がらんどう)

    by 大友昌信

    とある発展途上の町。 少女は蒸発してしまった両親の代わりに、彼らが持っていた古本屋以外を全て売り払い、その古本屋に住み込んで生活をしていた。 客が訪れることも少なく、珍しい本も特には置いてない。自分で適当に商品の本を見繕っては、それを読んで客を待っている。 平々で凡々な生活だった。 しかし、彼女はどこかで、自分に与えられてしまった『運命』の様な物を自覚している。 少女は不思議な運命と共にそんな日々を繰り返しながら、自分に振り回される日常を眺めている。



自己紹介

一次創作小説専門の腐女子です。
創造性を高めるためにこちらに来ました。
私の緩みきった脳味噌に喝を入れて下さい。
よろしくお願いします。

なめくぢみみずという名前でTwitterを
貝殻消失という名前の創作サイトを
貝殻消失、下下室という名前の18禁BLサイトを
やっております。
よろしければ検索してみて下さい。
地域 未設定
性別 女性
職業 あ、社会人になりまし
興味 小説

サブメニュー

ユーザー R

新着作品

一覧を見る

なめくぢみみずのつぶやき

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.