花月まり
作品の投稿はありません
@花月まり宛

500

  • 花月まり 10月27日
    小説「恋いろ神代記~神語りの細~」を公開しました!

    こちらは『~縁離の天孫と神結の巫女~』の番外編となっております。
    まずは1話。これから少しずつ増やしていきたいと思いますφ(・ω・)
     #恋いろ神代記~神語りの細~
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋いろ神代記~神語りの細~

    by 花月まり

    第1回ムーンドロップス賞参加作品『恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~』の世界観を舞台とした番外編・短編集となっております。 主に主人公・神依(みより)周りのお話。 10/27現在はレーティングを挟みませんが、後々必要になってくる章が出てくるかと思います。 章ごとに記載させて頂きますので、そちらをご確認頂ければと思います。 1ページ目『***』は表紙絵の神依アップ画像です。モノクロですが、ご興味のある方は是非ご覧下さい。 ・*・*・*・*・*・ 本編はこちら。※レーティングあり

  • 花月まり 10月08日
    いつもたくさんの閲覧・しおり本当にありがとうございますm(_ _)m

    読み返していたところ脱字を発見したのですが、現在コンテスト審査中で一切の編集が制限されておりますので、こちらからお知らせさせて頂きます。

    【161ページ】
    ×さすがにもう、女と~
    〇さすがにもう、童女と~

    物語に入り込んで貰うには絶対にあってはならないことだと思います。今までページをめくって頂いた読者様には大変申し訳ありませんでした。
    審査終了後、ロックが解除されましたら改めて編集させて頂きます。
     #恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~

    by 花月まり

    ある夏の日、一人の少女が消えた。 それを見ていた唯一の男は自ら命を絶ち、以来少女の行方はしれなかった。 消えた少女が辿り着いたのは、世界自体が半人半神のような不思議な国、道俣淡島(ちまたあわしま)。 そこは神々が住まう高天原(たかまのはら)と、人間が暮らす豊葦原(とよあしはら)の狭間にある、神とも人ともつかぬ人々が生きる世界。 そこで少女が出会ったのは、美しくも近寄りがたい一人の男神(おがみ)と、ただひたすら献身的に仕えてくれる一人の従者だった。 やがて神々に仕える巫女となった少女は、原初の女神の啓示を受け淡島の名も無き神々と心を通わせていく。 そんな少女に、ある思惑を持ち近付いてくる二人の神々。彼らは少女を処女のまま抱き、その刻印を身に残す。 喜びも幸せも、怒りも憎しみも。あらゆる想いを寄せ、或いは寄せられて、少女は少しずつ成熟していく。 *・*・*・*・*・* ※流血など微グロ表現や残酷なシーンがあります。苦手な方はご注意下さい。

  • 花月まり 10月04日
    たくさんの閲覧ありがとうございますm(_ _)m
    どなたか気に入って下さった方がいましたら嬉しいです。

    大したことは書いていませんが、ブログも更新中ですのでよろしければ覗いてやって下さい!
     #恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~

    by 花月まり

    ある夏の日、一人の少女が消えた。 それを見ていた唯一の男は自ら命を絶ち、以来少女の行方はしれなかった。 消えた少女が辿り着いたのは、世界自体が半人半神のような不思議な国、道俣淡島(ちまたあわしま)。 そこは神々が住まう高天原(たかまのはら)と、人間が暮らす豊葦原(とよあしはら)の狭間にある、神とも人ともつかぬ人々が生きる世界。 そこで少女が出会ったのは、美しくも近寄りがたい一人の男神(おがみ)と、ただひたすら献身的に仕えてくれる一人の従者だった。 やがて神々に仕える巫女となった少女は、原初の女神の啓示を受け淡島の名も無き神々と心を通わせていく。 そんな少女に、ある思惑を持ち近付いてくる二人の神々。彼らは少女を処女のまま抱き、その刻印を身に残す。 喜びも幸せも、怒りも憎しみも。あらゆる想いを寄せ、或いは寄せられて、少女は少しずつ成熟していく。 *・*・*・*・*・* ※流血など微グロ表現や残酷なシーンがあります。苦手な方はご注意下さい。

  • 花月まり 10月01日
    @サキ編集部員  こんばんは。初めてコメントさせて頂きます!

    いつも遅くまでお仕事お疲れ様です。

    今回、コンテストを知ってこちらのサイトにお邪魔させて頂いたのですが、知ったタイミングが遅く……とにかく書くのに必死だった時、マイページから目に入る何気ないサキさんの呟きに癒されておりました(^-^)笑

    サイトの居心地も良く、また次の作品を書きたいと自然と思えました。あとガラケーユーザーなので本当に助かっております……!

    また来週からの呟きも楽しみにしています。ありがとうございました。
    詳細・返信(1)
  • 花月まり 10月01日
    はじめまして、花月まりと申します。
    今回、初めて「メクる」様に投稿させて頂きました。

    コンテストを知った時期も遅く、本当に駆け込みだったのですが何とか仕上げることが出来ました。寝不足で胃がorz

    とにかく書くことに必死で、サイト慣れもしていないので……しばらくは他の作者様が書かれた作品をゆっくり拝見したり、番外編の構想を練っていきたいと思います。

    ずっと個人サイトの管理人だったため交流慣れしていませんが、読者様・作者様とものんびりお付き合い頂けましたら幸いです_(*. .)_
     #恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~

    by 花月まり

    ある夏の日、一人の少女が消えた。 それを見ていた唯一の男は自ら命を絶ち、以来少女の行方はしれなかった。 消えた少女が辿り着いたのは、世界自体が半人半神のような不思議な国、道俣淡島(ちまたあわしま)。 そこは神々が住まう高天原(たかまのはら)と、人間が暮らす豊葦原(とよあしはら)の狭間にある、神とも人ともつかぬ人々が生きる世界。 そこで少女が出会ったのは、美しくも近寄りがたい一人の男神(おがみ)と、ただひたすら献身的に仕えてくれる一人の従者だった。 やがて神々に仕える巫女となった少女は、原初の女神の啓示を受け淡島の名も無き神々と心を通わせていく。 そんな少女に、ある思惑を持ち近付いてくる二人の神々。彼らは少女を処女のまま抱き、その刻印を身に残す。 喜びも幸せも、怒りも憎しみも。あらゆる想いを寄せ、或いは寄せられて、少女は少しずつ成熟していく。 *・*・*・*・*・* ※流血など微グロ表現や残酷なシーンがあります。苦手な方はご注意下さい。



自己紹介

現在、作品のバックアップ作業中のため全て非公開にさせていただいております_(._.)_

終わり次第、再度公開させていただこうと思います。
地域 未設定
職業 お猫様の奴隷
興味 小説/コミック/イラスト

サブメニュー

記事の投稿はありません

ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.