水戸けい

ユーザー L

フォロー1


一覧を見る

フォロワー28


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

水戸けいのつぶやき

@水戸けい宛

500


  • 水戸けい 07月04日
    ケモホモBL小説「狼さん ウサギに食われる」を公開しました!  #狼さん ウサギに食われる
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    狼さん ウサギに食われる

    by 水戸けい

    狼の獣人、犬養さんは、ヘッドハンティングで入社してきたウサギの獣人、宇佐美さんを美味しそうだと思っていた。 いつか食ってやると思っていたのだが、逆においしく食べられてしまった!

  • 水戸けい 02月18日
    小説「魔王に捧げるラプソディー」を公開しました!

    毎日更新ー28日で完結です!
     #魔王に捧げるラプソディー
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    魔王に捧げるラプソディー

    by 水戸けい

    連続して見る夢のなか。 白川真彩は純白のドレスにロングヘアーで、不思議な歌を歌っていた。 だけど現実の真彩は入社一年目になる、ショートカットの地味系OL。 いったいどうして、そんな夢を見るのだろう。 夢のなかで、真彩は紫の瞳をした、白銀の髪の青年とキスをしていた。 彼のことが気になる真彩の前に、町川紳と名乗る青年が現れて――。

  • 水戸けい 12月23日
    小説「純歪ー王と王弟のはざまでー」を公開しました!  #純歪ー王と王弟のはざまでー
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    純歪ー王と王弟のはざまでー

    by 水戸けい

    ・トヨホギ―王の妻となるべく育てられた。 ・ホスセリ―エミナの王。トヨホギの許嫁 ・シキタカ―ホスセリの弟。トヨホギが好き。  三年もの間、戦のために離れていたホスセリとトヨホギは、夫婦の契りを結ぶ。しかし乱れたトヨホギを貫いたのは、ホスセリではなく弟のシキタカだった。  ホスセリは戦の傷で、男の機能を失った。その傷はシキタカをかばってできたものだった。エミナの王となるホスセリが男の機能を失ったとなれば、王位どころか命をも捨てなければならなくなる。だからシキタカは、自分が化身になってトヨホギに子を授けるとホスセリに提案をし、ホスセリもそれを呑んだと説明をする。  自分の立場にトヨホギは迷う。  ホスセリは愛する人をだまし、大切な弟を利用してまで王として立つほどの器があるのだろうかと悩む。  シキタカは兄の傷は自分のせいだという負い目があった。そのための提案だと思いつつも、兄の妻である恋しい女を抱ける喜びに悩む。

  • 水戸けい 12月23日
    BL小説「マッチョでエッチなトナカイサンタ」を公開しました!  #マッチョでエッチなトナカイサンタ
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    マッチョでエッチなトナカイサンタ

    by 水戸けい

    彼女いない歴=年齢の平岡壮太にクリスマスの予定はない。 イブイブはバイト。イブもバイト。クリスマスなんて関係ない。 だけど、うかれる人々がうらやましい。 そんな気持ちを抱えて、チクショウとばかりに神社で欲望まるだしの、かなうわけもない願いをヤケクソ気味に告げて帰った。 神様が本当にいるというなら、ムチムチ巨乳のエロくて家庭的な恋人をプレゼントして欲しい。手料理を味わって掃除をしてもらって、体のケアまでバッチリしてくれる、かいがいしくて見た目もいい、エロ漫画みたいな相手をクリスマスプレゼントによこしてくれ……と。 そんな壮太のもとに、エロいサンタコスをしたマッチョなイケメンが現れた。 たしかにムチムチ巨乳だが、男じゃないか! とまどう壮太は、それでも彼に心をときめかせて――。

  • 水戸けい 10月27日
    完結しました!  #恋は大いなる下心なんです
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋は大いなる下心なんです

    by 水戸けい

    職場の人間関係に心をすり減らしていた頼子。 見かねた母親に退職を勧められ、その友人の多美子の家でのんびり過ごしなさいと言われる。 多美子の家は山の中の田舎町。そこならきっと、療養に適しているだろうからと。 承諾した頼子は多美子の家に居候に行き、初恋の王子様、弘毅と再会する。 小学生以来に見た弘毅は、変わらず素敵な王子様だった。 「やっぱり、好き」 そう感じた頼子だが、弘毅の仕事がイラストレーター いわゆる、萌え絵と言われる美少女を描いていると知って――。

  • 水戸けい 10月08日
    小説「恋は大いなる下心なんです」を公開しました!  #恋は大いなる下心なんです
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    恋は大いなる下心なんです

    by 水戸けい

    職場の人間関係に心をすり減らしていた頼子。 見かねた母親に退職を勧められ、その友人の多美子の家でのんびり過ごしなさいと言われる。 多美子の家は山の中の田舎町。そこならきっと、療養に適しているだろうからと。 承諾した頼子は多美子の家に居候に行き、初恋の王子様、弘毅と再会する。 小学生以来に見た弘毅は、変わらず素敵な王子様だった。 「やっぱり、好き」 そう感じた頼子だが、弘毅の仕事がイラストレーター いわゆる、萌え絵と言われる美少女を描いていると知って――。


ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

新着作品

一覧を見る

水戸けいのつぶやき

もっと見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.